ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

ボクシングは右構え、左構えで学んでいくので、左右の足の前後が入れ替わるようなクロスステップはとても難しい。

空手や拳法などでは、例えば左構えから右着きで右足が左足を超えて前に踏み込むような場合がある。それがボクシングの半身ではそれが逆に足かせとなってできない。メイウエザーと戦ったマクレガーはサウスポースタンスから左突きで左足が右足を追い越す場合がかなりあり、解説もボクサーでないスタイルからだと叫んでいた。

でも、そんなことはなく、特にサウスポースタンスのボクサーにはよく見られる踏み込みだ。基本ではないのですが、おそらくサウスポーは経験的に知っているのでしょう。

このクロスステップ、スイッチヒッターならコンビネーションのひとつになりそうだが、そうでもない。そんなことが出来ていたのは知る限りマービン・ハグラーくらい。ハグラーの場合、相手がどっちへ動いたかと自分の足の位置関係から近いほうに自然に構えが移っていた。とても真似のできない、ちょっと信じられないようなナチュラルさだった。たとえば完成度の高いスイッチヒッター、チキータ・ゴンザレスとかナジーム・ハメド、今ならテレンス・クロフォードやケル・ブルックでも、明確に切り替える。

このことからもスイッチができるボクサーでも前方へのナチュラルなクロスステップはかなり高い技術になるかも知れない。

ただし、これをバックステップに使うことは比較的簡単だ。後ろの足を軽く後方へ下げ距離を外す技術をステップバックというが(上体をそるだけだとスウェーバック)追ってくる相手は半身なので、クロスステップバックなら、より速く、より余裕をもって後方に両足で歩いて距離を外すことができる。ただし逃げる一方だと見栄えが悪くなるので注意しないといけない。

WS000047

瓢漂会の崩しは歩みを進めることを最重視している。そのため倒されて受身をとると仕手の足の上に落ちることがある。ほんとうなら仕手は残心、最後の最後まで、終わった後まで気を抜いてはならないから、意図的に足に落とすならともかく、気を使うべきところだが、まぁ、そこはまだまだ課題ではあります。

背中から足の上に倒されたほうは、たまらない。ちょっと足の甲に乗っただけでもかなり痛い。

昔、大先輩、少林寺拳法の熟達者にある技を見せてもらい、最後に軽く脇を突かれたことがあったが、激痛に息がつまったことがあった(その頃ボクシングのプライドからそ知らぬ顔をしたのですが)。

何が言いたいか、背中や脇は弱い。

有名なロシア武術の映像では、その達人が背中や脇を攻めて、攻めてというよりはむしろ、ほとんど触るだけで崩していた。

柔術の古書に背面は弱点というような記述が強烈に記憶に残っている。

崩していくとき、正面からならいかに側面につくか、入り身なら背面に近く届く位置、角度。よ〜く考えなければならない。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

左足ブレーキに挑戦中だ。マニュアル車の頃はヒール・アンド・トゥを使いこなし、スムーズな運転をやっていた。もうほとんどがオートマ車、今のオートマにしてもう10年以上が経つ。何か運転を進化させるものはないかな、と思い立って、そうだ左足ブレーキに至った。

最初のころ、クラッチを覚えている左足は強くブレーキを踏み込んでしまい、危なくてしょうがない。繰り返しチャレンジしても、左足のコントロールは難しい。右足ブレーキを参考にしてみるが、どうも思うようにいかない。

あれこれ工夫して、指先を使うと上手くいくことを発見した。指先で何か物をつかむようにすると、微妙なコントロールが可能になる。特に大切なのは親指。

そうそう、あるサッカー選手が足指でタオルを引き寄せるトレーニング映像を見たことがあったっけ。

右足のアクセル操作を観察しても特に指は使わず、むしろ指はそらし気味で母指球のあたりのみで行っている。さすが長年熟練したコントロール。もっとはやく指の使い方を知っていればアクセルワークも、ヒール・アンド・トゥもきっともっと上達していたことだろう。

先日、かなり狭い、混んだ駐車場に車を停める機会があった、最初は左足ブレーキを右足アクセルを同時に使っていたが、だんだん頭が混乱してきて、ブレーキも右足に切り替えた。まだまだ練習が必要です。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



このページのトップヘ