ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

ハッとしてスー1

私たち瓢漂会の頭脳と言えるIさん、いつも斬新なアイデアを出してくれるのですが、また新たな方法を考えだしました。
言われたとおりやってみると、なんか良いです。何が良いって、自分の内部感覚です。もう長いこと座りの上げ手を鍛錬してきて、かなり楽に上がるようになってきたのですが、その上げる直前のコツというか、ちょっとしたある内部感覚に似ているのです。これは座りの上げ手の時だけに感じていて、どうも立ったり他のことをする時には、応用というか再現できなかった感覚です。
この感覚は不思議で、受けからの反応とか、フィードバックがなくて(またその確認する必要もないのかもしれませんが)手を上げてみると、あら不思議、楽に上がってしまった!となります。Iさんいわく理論的には自分の状態だけ気にすればよいので相手がどうであろうと(人によって技のかかりとか反応は色々ですよね)、発展できれば複数の人数であろうと関係ないはずだとのこと。
フムフムなるほど。

でもこまったことに、Iさんが横にいてくれないと、自分ひとりではできそうにないです…と弱気になったりしてると、ふとある記憶が蘇ってきました。
ボクシング時代で到達できなかった領域、探していたものと似ている。

当時私のディフェンスはかなりのレベルで、ローカルのジムでしたが、アンタッチャブル、モハメッドアリなどと言われたことも(恥ずかしながら)。ですが攻撃となると何とも物足りない。それでも時々説明できないのですが、相手の懐に入って1,2発当てたりすることができました。その時のこちらは正面からまっずぐ入っているのに、その瞬間だけ時間が止まっているような。当時は間のとり方とか一種のフェイントのようなものかなと思っていましたが、なかなか再現が難しく、勿論ねらったりするとまったくダメでした。

続く

やはり、まっすぐに立つ1

以前、まっすぐに立つことを否定したくなったと書いたことがありました。最近、その意味がようやくつかめてきた(また誤解かもしれない、のは言うまでもありませんが)気がしてます。やっぱりまっすぐ立つのが良いかもしれません。つまりまっすぐに立とうとすることが良くなくて、リラックスしてまっすぐ立てるようになれば良いようです。
以前否定したくなった例を取り上げてみると、どれもまっすぐに立たなくても良い、という状況は、例えば相撲でヨツに組んだ時、上半身を相手にくれてやるようなときでした。まぁ見る目がなかったのでしょうが、二人に軸はまっすぐ立っていたのでしょう。

といろいろ考えたり、やってみたりすると。どんな状況下でも自分のベストバランスであるよう、トレーニングするべきなのかなぁ…(つぶやき)

つっかえ棒1

技の局面局面で行き詰まった時、わりとある原因で受けもしくは仕手自身がつっかえ棒になってしまってにっちもさっちも行かなくなることがあるかと思います。まぁ先輩方は何を今さらとおっしゃるでしょう、あるいは、崩しがなってないとなるのでしょうか。
受けがつっかえ棒のときは受けの体、足、関節のロックが邪魔して、それ以上いくら押しても倒れなく、受け側としてはさして力もいらなく、むしろ倒れたくても倒れられない気持ちをもったりして。いやぁ、昔はこれで何度も先輩から誤解を受けました、反抗的にとられたり…
仕手自身がつっかえ棒にもなります。自分自身がよりどころ、支え、頼り、手がかりとなってしまって受けが持ち応えられちゃったり。ふと方向を変えるなり、体捌いたりすると、以外と簡単に倒せたり。

これらは我々の原理ではないのですが、そういった効果とか、現象、結果現れたりします。チェックポイントのひとつになりますネ。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ