ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

アリとキリギリス

猛毒を持ったヒアリ(ファイアーアント)の上陸を水際で阻止したという話題を今朝のラジオで聞きました。人食いアリに刺されると火傷のような強い痛み、ショック死することも。南米生まれのこのヒアリ、すでに色々な国々に上陸していて、普通の蟻を壊滅させ、農作物、畜産、人。更に電気に引き寄せられる特性がありビル崩落と計り知れない脅威だそうです。

幸い今回は水際で食い止めることができたようですが、他国例ではニュージーランドも水際で食い止めた例があるものの、他はことごとくやられてる。

アリといえば、新聞のコラムか何かに、アリとキリギリスは世界いろいろなところで似た話があるが、必ずしもアリは良い例えにもないようです。アリは実は人間のことを示唆していて、人は自分のために財産をため込むことへの風刺というと説も。

人の悪口を言わないことは、ビジネス本、自己啓発本にありがちですが、これもイタリアなどでは、人の悪口を一言も言わない人は逆になんかあるっと疑われるし、信用されないそうです。

ところ変われば品変わる、郷に入っては郷に従えですが、そこに気を配ることはとても難しいですね。

ウォードvコバレフ2(ボクシングピープル

コバレフのコーナーを仕切るジョン・デビッド・ジャクソントレーナーの驚きのチームウォード移籍話は実際にあったようです。

試合中ロシア語一辺倒になるコーナーに不満のジャクソン自ら相手サイドにアプローチした、いやいや、ウォードサイドのヘッドハントだと、すったもんだがありましたが、どうやら元の鞘に収まった模様。

コバレフは初戦ガス欠になったとコンディショニングコーチをクビにし、新コーチのもとオーバートレーニングに注意を払い、準備は調いつつあるようです。

ウォードは自分のボクシングに集中するだけと、さすがP4P、初戦の経験が更に自信を深めてます。








WS000047

対称性の破れ

力と力がぶつかる、力を入れるから力で押し返される。接触点(面)で対称になってしまっている、対称性が保たれていることになる。

力の使い方とは、つまり、力を抜くこと、たしか王監督の言葉だったと(違う人かもしれない)記憶してます。

どんなに理屈がわかっていても、力での上げ手は技術をぶち壊してしまうようです。相手の手を上げようとするから力になるのかも知れない、自分の手を上げるつもりではどうだろうか。

肩の力を抜く、とても難しいことかもしれないが、どうしても乗り越えないとならない壁なのです。

力が抜ければ、後は理屈通りやると、保たれていた対称性は簡単に破られるのです。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ