ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

左は世界を制す、ジャブの大切さは、語りつくせない。

最近のモンスター級チャンピオン達、GGG、クラッシャー(神の子に2連敗から復活)、そしてモンスター。共通するのはみんなジャブが強い。もちろん、ジャブが極端に少ないチャンピオンも探せばいる。それでも基本はやっぱりジャブだ。

そこで、ちょっと高度な話になるが、ジャブと足の運びについて触れてみたい。ここで何度も書いてきたが、基本的に放つパンチと同じ側の足の着地は一致しなければならない。左の拳と左つま先、右の拳と右つま先。
さらに、掘り下げて、その時の反対側の足と、体重を支えることについて。

まず、オーソドックスの右ストレート、サウスポーの左ストレートの場合。右(左)ストレートを打ったとき自分の体重は反対の前足、左(右)がその大部分を支えることになる。これはよくわかると思う。

ではジャブは?

これも実は反対の足が体重を支えるのが良い。つまり左(右)ジャブなら後ろ足の右(左)足になる。ちょっと異論があるかもしれない、左(右)ジャブを放つとき、踏み込む左(右)つま先と一致するまではわかると思うが、そのまま体重も前の左(右)に乗らざるを得ない気がする。特に踏み込みの大きい場合、後ろ足はまだ空中にあったりするし。

そこで重要になるのがパンチの方向と軌道だ。左(右)ジャブは自分の左(右)足上にあるのではなく、やや内側に来る、つまり的(相手)に向かっていく軌道となる。どうしてもステップインするから前足に体重の慣性が生じるが、後ろ足にもしっかり体重を支える役割を残してやらないといけない。イメージしやすいのはダブルのジャブ。一発目のジャブで前足に体重が乗ってしまっては、それに続く二発目は、ステップインができないし、軌道も限られ、おまけに手打ちになったりする。ところが後ろ足に十分残っていれば、相手の反応に応じて二発目のジャブは瞬時の軌道修正や、更なるステップインができる。

つまり、ジャブは自分の左(右)肩側から的(相手)に少し斜めに放たれ、ステップインは自分の肩幅を維持し平行に前に進む。よって支える体重は前後ではなく、肩幅分左右に分散されることになる。後ろ足にも横方向に支える体重が生じる。大きなステップインの場合は、従って、速い後ろ足の寄せが必要だ。フェンシングのステップのように。(余談だがブルースリーはモハメッドアリとフェンシングのステップを研究し、シュガーレイレナードはそのブルースリーのステップを取り入れた。)

体重を反対の足が支えることで連打ができる、連打がきく。

ではフックやアッパーは、これらこそ、前足に体重を乗せがちだが、そうではない。ジャブと同じ理論を適用すべきだ。そうしないと、前述の通り次のステップができないし、できても反対側のパンチだけになる。ここぞのチャンスに詰めが、追い込みが甘くなり、相手に逃げる隙を与えることとなる。

よくよく研究しなければならない。

WS000047

上げ手において、人は親指がなければ抑えられないという、あまりに有名な言葉がある。

では実際にやってみた人がどれだけいるだろう。抑えるときに親指を残りの4本の指と同じ側によせて、抑えてみる。そして上げ手を受けてみる。

もし、やったことのある人なら、抑えることができないことは容易に分かる、そして、そこにはとてつもないヒントがある。抑えられない、つまり力が抜かれた感覚が分かる、力を抜かれた疑似体験ができるのです。

そして、「では、どうやったら親指があっても同じようにすることができるか」それを突き詰めれば、謎は、絡みあう謎の糸は一本ずつ解けていくのです。

どうやら、瓢漂会ですら、直接いくら物理原理を伝えたところで、なかなか難しいようです。誰もできるようにならない。だから、頭で理解するだけでは足りないのかも、そこに実体験を通して、そして自ら考えることで、この難しい技術を少しずつものにしていくことも必要なのかも知れません。

まだ試したことが無いなら、是非やってみてほしい。直に!

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

いよいよ明日井上Chが3階級制覇に挑みます、バンタムに上げ間もないし、良い相手が選べたかもしれません。といっても長身のマクドネル、並ぶと背の高さの違いが際立ちます、高身長のスパーリングパートナー探しに苦労したようですが、同じ英国からホープ、階級上のハムザを向かえ、まぁその点抜かりのないことでしょう、一発KO狙い。

英国のChが日本で防衛戦をするのはめずらしいようですが、英国のポッドキャストBoxNation(ちなみに、スパーリングパートナーのハムザはBoxNationのインタビューで日本での経験はすばらしかった、色々なことが学べた、生まれ変わったようだと感謝を述べてます)やBBCを聞いても、やはり井上Chの圧倒的有利は誰もが認めるところ。マクドネルはすでに7回もタイトル防衛し、そのほとんどが敵地。ソリスとの2回の防衛戦は負けたとの見方が多く、不可解な判定と、バッティングによる不成立。マクドネルは小さい相手をやや苦手としていることと、インサイドに入ってくる相手に頭を下げる傾向があること、また井上Chがボディブローを得意とすることから、マクドネル防衛はそのソリス2戦目のバッティングによるストップしかない、とまで。

全米ライブ中継(ESPN+)決定の井上Chはタイトル獲得を前提に、WBSSのバンタムバージョンに出場の意向とか、そこにはライアン・バーネット、エマニュエル・ロドリゲス、ゾラニ・テテといった超一流のチャンピオン達とのトーナメントです。

WS000047





Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



このページのトップヘ