ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

柿ピー

数年前からグルテンフリーが米国でブームだそうです。なんでもテニスのスーパースター、ジョコビッチの食事制限に発するらしい。

グルテンフリー、科学的な根拠は必ずしもまだはっきりしているわけではないようですが、ジョコビッチがやっているなら真似したくなります。その時の常識が今では非常識になることがあるから容易に飛びつけないのもしかり。また業界の見えない手が実は背景にあった、なんてことも。

バターはだめで、マーガリンが良しとされていたのが、今は真逆。カロリー制限は実は戦略だった、今じゃ本当は糖質制限。

話は戻して、グルテンフリーの柿の種が人気なのだそうです。これにはすぐに飛びつきました、もともと柿ピー大好き、思い出したように、お徳用パックを2袋。久しぶりの味はやはり旨い、のでした。

基底面は小さく

崩しのその要素のひとつに基底面の端に重心線をもっていく、というのがあります。これには一つの問題点があります、人の無意識はバランスを感知していて、重心線が基底面を外れると足を出して基底面を変えることにより、安定を取り戻すからです。

そこで、その出る足をおさえ、払い、かけ、投げるのは有効になります。

瓢漂会では考え方が違っていて、重心線を基底面の隅に追いやることはしません、むしろ足には居ついていて欲しいのです。

ではどういうふうしたいか、というと、基底面を小さくする工夫です。たとえば片足で立っていれば、片足の面積分です。

そして、

そうです、つま先立ちにすることができれば、これも基底面は小さくなるのでした。

瓢漂会

上げるが先か、掛けるが先か

「掛かるから上がるのか」、「上がったから掛かったのか」。

最初のころ繰り返し自分に問うた問いかけだ、きっと同じ疑問を持つ人もいるはずです。

今、振り返るとこれは明白ですが、ここへ至るまでは、何度も何度も考えました。

冷静に考えれば、後者が正だとすると矛盾が生じる、手が上がった状態で無力化されたとするならば、手を上げていく過程では力を使っていてもかまわないことになってしまうからだ。「力はまったくいらない」と矛盾する。

このことからも前者が正解となる。相手が抵抗できない状態にされてしまっているから、手はいとも簡単に上がるのです。つまり上がるが良しとするのではなく、上げる前とその過程が問題だ。

なぜここに上げる過程も入れたかというと、上げる過程で掛け直すことをしょっちゅうやっているからです。

なかなかどうして、上げる前に完全無力化というのは難しいことです。初期の抵抗をなくしたとしても、ちょっと上げると次の抵抗点があったりする。サッとやってしまうのもありだが、この場合それを失敗とせず、その抵抗点でもう一度掛ければ良いし、そしてまた次の抵抗点で、といった具合に。細かくかける、繰り返しかける。

それらが切れ目なくつなげるのが、動的にかけるということになる。

それに対し、難しい完全無力化の場合は、いわば静的にかけて、あとは上げるだけとなり、上手くいくと、やはりこちらのほうが気持ちいいものです。

では、手が上がったことの意味は、動的上げ手では無力化も完了し、浮いた状態。

静的上げてでは、単に浮かされた状態、と言って良い。

物事に絶対は難しいのだから、両方できないとならないし、動的から始めて静的を目指すのが良い。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ