ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

絶対に見逃せない戦い

クラス最強のリナレス(マイキーいるけれど)とボクシング最強のロマチェンコがいよいよです。

ボクシング史上最高傑作の呼び声高きロマ、もはや比べるは映画マトリックスの動きのロマ、相手が次々と「ノー・マス」のロマ、3階級制覇をかけリナレスに挑みます。
リゴンドーがそうであったように、今回は不利なサイズを背負います。

我らがリナレスはすでに3階級制覇済み、ロマがプロに転向する前、その期待はリナでした。

絶対に見逃せない一戦なのです。

WS000047












上げ手において肩の力を抜いておくことは鬼門だ。AF法でいくら相手の力を無効にしたところで、少しでも肩に力が入ろうものなら、まったく役に立たなくなってしまう。

準備段階で力が抜けていても助けにならない、上げようと思った瞬間、上げるアクションを起こすとき、いや、コンマ数秒前に起こる肩の筋肉の収縮は、即座に力の世界へと引き戻してくれる。

力が抜けた状態というのは、逆に言えば、力をいくらでも入れる余地があるわけだから、厄介だ。

そこで提案、力が入る余地を無くすには、肩にこれ以上力が入らないくらいに力を入れておくのはどうだろう。

そこで挑戦してもらった。すると驚くことにみんな手が上がる。もちろんそこにはAF法がわかっていることは大前提ではある。

ヨガとか、健康体操では、肩の力を抜くのに、いったん肩に力を入れて、引き上げて、ストンと落とすと指導されることが多い。あれだ。

ここで、ストンと落とさず思いっきり引き上げた肩を保って上げ手をおこなうのである。ある人が名づけた、

「ジャミラ」。

ぜひ挑戦してみて欲しい。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

WBSSクルーザー級トーナメント、モハメッドアリトロフィーをかけたガシエフとの決勝戦は、ウシクの練習中の肘のケガにより延期になりました。幸い大怪我ではないようなので、リスケを待つばかりです。

ウクライナと言えば、開拓者はやはりクリチコ兄弟、そして今やボクシング史上、最高傑作と言われるロマチェンコを輩します。そしてウシクやライトヘビーのグウォジクとタレントが揃います。

個人的好みですが、今、現役ボクサーの中でウシクは痺れます。カッコイイのです。そのカッコよさは、ロイ・ジョーンズJr、ナジーム・ハメド、セルヒオ・マルチネスの系統、あくまでも個人的見解です。シュガー・レイ・レナードの華麗さとは違う、マーベラス・マービン・ハグラーのカッコよさ、自由なんです。

ロイはノースタイルと呼ばれ、ハメドは革命的でした。2人ともボクシングの基本がないと言われましたが、そんなことはありません。ボクシングの守破離で飛びぬけて離れたようなスタイルでした。
WS000047

今はウシクが面白いです、前述の3人と違うのは、打ち終わりにしっかり両腕で頭部をはさむようにガードポジションを作ることです。観の目だけでなくガードのリスクマネージメント、ハグラー系、それは考え方を変えさせられるほどのインパクトです。





Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



このページのトップヘ