ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

リナレスvキャンベル(ボクシングピープル

いつのまにか、ロンドンに住まいを移していたようです、ホルヘ・リナレス。インタビューでは上手に英語での受け答え、ロマチェンコとリゴンドー戦決定に興奮してました。日本の後、ここのところ英国での連戦を経て、いよいよ3年ぶりの米国での防衛戦です。

相手は英国から、ロンドンオリンピック金メダリスト、ルーク・キャンベル。プロ転向後もちゃくちゃくと階段を上り、初の英国外の試合はビッグマッチとなります。長身のサウスポー、オフェンスはやや変則と聞きます。リナレスのような目のいいボクサー、特にリナレスです、一発が怖いには怖いですが、完全復活感じゅうぶんのリナレスにやはり予想も大きく傾いてます。

いまや引く手あまた、マイキー・ガルシア、ロマチェンコ、あるいは統一戦。対戦相手から、ファンから、興行側から大人気です。そういったスーパーマッチへ、まさに絶対負けられない戦いへ。

WS000047




なで肩

武術家、芸術家、職人、その道の達人にはなで肩の人が多い、とある本にあったのを記憶している。

たしかにそんな印象がある。達人は肩の力が抜けきっているのは、そうであろう。それがなで肩を連想させてくれる。

ところがこの「なで肩」、あまり良いことではないらしい。なで肩の状態では肩の筋肉、僧帽筋(そうぼうきん)が下に引っ張られて伸びきり、常に緊張を強いられ、肩が凝った状態なのです。

つまりなで肩=肩の力が抜けている、とは必ずしもならない訳で、なで肩という言葉の響きや、見た目からバイアスがかかってしまうのかもしれない。

他の分野はともあれ、格闘家には、お相撲さんなんかに見る、逆に僧帽筋が発達していてなで肩の場合はどうなのだろう。

肘を自由に

パワーボール(PB)をネットで調べてみてわからなかったが、その歴史はきっと、子供のころからあったから、少なくとも半世紀以上があるのではないだろうか。それは手首や握力を鍛えるもので、ちょっとした遊び感覚でやれるのがロングセラーの秘訣かもしれない。仕組みはジャイロ構造になっていて、外枠の中にある少し重さのあるボールが2つの軸に回転して、まわし続けると適度な負荷が手首や小手の筋肉に刺激を与えてくれる。

初心者はまず、ボールに添えつけの紐を巻いて、それを強めに引き抜き、まず一軸に回転を与える。それを維持しながらゆるやかに手首を回転させ外枠にある一軸とは直角方向の溝へ回してやる。うまく回ればジャイロになり回転し続けることができる。最近のものはみんなカウンターがついているので、友達と競ったり、自らの記録を塗り替えていったり、そこが遊び感覚を刺激してくれるところの一つだろう。

そして上級になると、紐は使わず、一軸の回転を指で行う、つまりキックスタートだ。これが長年の壁で、そんなに真剣にやっていなかったのもあるが、すっかりあきらめていた。ひょんなことから目の前でフィンガースタートを見せてもらい、心の壁を打ち破ることができたのはもう一月も前のことでした。

PBは通勤で駅まで、駅から歩くときに、気ままに回しながら歩みを進めていく。ここのところ、フィンガースタートができつつあったので、毎日挑戦を続けている。このフィンガースタートがなかなか決まらない。フィンガースタートはどうやるかというと、左手にPBを持ち、右親指でキックスタート。ところがこれがけっこう難しく、歩いて、1分、2分、、5分とかかってしまう。運の悪い日は、あと少しで着くころにようやくスタートできたり、最悪は結局スタートせずじまいということも。右親指が痛い。

何が悪いのか、いろいろ考えてみて、まず視線をPBに落としておいてスタートさせると、やや良い。でも、まだまだ。

次に思ったのは歩きながらやるのは、難しいのかと考え、止まってやってみるがどうも違う、時間だけが失われ小走りになる羽目に。

通勤カバンには電子書籍に紙の本、電子辞書はけっこうな重量感がある。したがってかなり重いのを持ち歩く。一度計ったことがあったが、4キロくらいはあった。女性なんかだとちょっと驚きの重さになる。

ようやくわかった。先の描写にもう少し加えると、PBを持ったその左手の肘には重い通勤カバンを提げている。もしやと思ったのは、ほんの一昨日のこと。その重いカバンを右肘に移し、自由となった左手は一軸の回転を維持し、二軸の回転を徐々に加速させてゆく。

カバンの重量は左肘を固定させ、緊張させ、自由度を奪っていたのだった。

上げ手と同じだ、いくら力の抜き方を言葉で説明したって、肘を含む小手を自由に動くようにしておかなければ、理屈通りには動かせない。力みまくった肩は肘を固定させ、相手の力に対抗し身動きできず行き場を失ってしまう。「肩の力を抜く」、これは超えなければならない。

さて、今のPBはオートスタート機能があり、そのおかげでフィンガースタートはできないそうだ。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ