もうかれこれ半年近くになります、合気揚げにおける無力化のヒントを得てからです。依然その技術の解明、取得に挑戦中。

どうやらここへきて、もうすでに知られていることが、改めて最も重要なことなのだ、と感服しつつあります。「小手に力を集中する」、小手”のみ”に集中すること、このとき肩や他はリラックスしていなければならない。

そして小手の集中力は手を持ち上げる力では、どうやらなさそうだ、ということ。だって合気では力はまったく要らないのですから、それが持ち上げる力であれば、そもそも矛盾することとなります。この小手の集中力、それは相手の力を抜いてしまうための集中力、無力化のための小手。そしてそれを手を上げる間、集中力を保ち続けないといけません。もちろん、それも今の段階の話ですから、もしかしたら最初だけで良くなるかもしれませんし、究極は集中力すらいらなくなるかもしれません。

まだまだですが、ちょっとずつ上達してきてわかったのですが、この「小手への集中力」を保ち続けることがいかに難しいか、上げることに力を使わざるを得ない場合はどうしてもおろそかになりがちです。つまり、力で上げているうちは維持するのがとても難しいのです。

上げなければいけない、上げようとすれば(力を使えば)失われる。集中力ができれば力なく上がる、まるで相手が手を持ち上げてくれる、と錯覚するくらいです。

どうやら小手の集中力とは、ということが解りつつあり、それをやってみようとすると、とても難しいことであることも。とても難しいことですが、それを乗り越えなければならない、それを痛感させられている今日この頃なのです。