去年、やっと証明までこぎ着けた合気は手の内のもので、つかまれた時にその絶大な威力を発揮します。

言い換えれば、しっかり握られない場合はどうしようもなく、それこそ、それがどういうことなのか想像もつかないのですが、「くっつける」ことでも出来ない限りまさに、

「お手上げ」

なのです。

それでは着物をつかまれたらどうするか、とまだまだ考えないといけないことはたくさんあります。

それと同時に、掴んでくれない場合や、こちらから攻めていく場合のことも考えていかなければなりません。

そこで、手がかりになるのは、これまでずっと書いてきた、崩しです。

キーワードは第二種テコだったり、自立、胸郭、並進運動、自由度といったことなのです。これも極めて奥が深い、まだまだ遠い道のりを感じる今日この頃なのです。

瓢漂会