力抜きと崩し、それぞれの技術は分けて考えたほうが色々とわかってくることが多くあります。

ひとつとして考えてしまうと、一方がマルでも他方がバツだったときに、全否定してしまうことに。せっかく出来ていた片方を捨ててしまってはなんとももったいない。

力抜きがうまくいっていても、技を極めることができずダメだし。

だとか、

崩しの考えかたはあっているのに、これじゃぁ力の強いものには通用しないと、白紙に戻す。

力抜きの理を証明してからおよそ1年、技への応用はどうしたものかと、何をしていいやらの状態がずっと続いていました。

力抜きと崩しは別と繰り返し自分で言っておきながら、このありさま。

ようやくここへ来て、技とか、崩しは横へおいておいて、力抜きのいろいろなバリエーションを稽古してみると、今まで見えなかったものが次々とそこに現れてきます。

前方、視界良好!

瓢漂会