囲碁将棋、きっとチェスもだろう。プロ棋士と人口知能の対局は、今ではもはや人に勝ち目はなくなりつつあります。

羽生さんの本は面白く、何冊か読んで、その見方、考え方には大きく影響を受けます。そんな羽生さんが人工知能に関するドキュメンタリー番組に。興味深く見ました。

羽生さんの感想は、自分の知っていることは、もちろん将棋のことですが、「全体のほんの一部にすぎないのではないか」なる言葉がとても印象に残りました。裏を返せばそれだけ可能性はまだまだ見つけられるのを待っていることになります。

AIは簡単にいうと、つまりパターン解析で、長大なデータから極めて有効な答えを導きだし、次を予測する。ところが、どのようにその答えにたどり着いたかはわからない、というブラックボックスなところが怖い。

ターミネーターの世界を現実に見るような錯覚に陥りました。