「小手を掴まれる」、「小手を掴まれた」限定条件の元では、その力を抜いてしまうことに、自信は深まるばかりです。ところが、そこから倒そうとする、技に移ろうとして、我が他方の手で何かしようとすると簡単に立ち直られてしまいます。

例えば、小手を引き出して相手の小手を取りに行って返す、そうするとこちらが小手を取りにいった瞬間、相手は立ち直ってしまう。

捕られた小手を外から回して二か条に移り、その瞬間、掴まれた小手を切り、自ら二か条に入ると、立ち直ってしまった手首の強い人には通用しなくなる。

スピードでやってしまうっていうのもあるけれど…

ここへ来てようやく、掴まれた小手を切ってしまっては相手の力はいとも簡単に復活してしまう、こんな簡単なこと、どこか頭の隅で気づいていながらバイアスが、認めたくなかったのか、見て見ぬふりしてた。

掴まれた小手をそのままに、完全に崩してしまってから技に入らないといけない。色眼鏡をはずせ。

まずは四方投げ、片手は始終掴ませたまま、四方に投げる、極める。

次に入り身投げ、掴まれた小手を自由に動かし、入り身する間合いを作り、入り身投げする。

オーソドックスな基本技から始める。

よくよく考えてみると、完全に崩すがまだ足りない。

瓢漂会