ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

カテゴリ: 合気

上げ手において、人は親指がなければ抑えられないという、あまりに有名な言葉がある。

では実際にやってみた人がどれだけいるだろう。抑えるときに親指を残りの4本の指と同じ側によせて、抑えてみる。そして上げ手を受けてみる。

もし、やったことのある人なら、抑えることができないことは容易に分かる、そして、そこにはとてつもないヒントがある。抑えられない、つまり力が抜かれた感覚が分かる、力を抜かれた疑似体験ができるのです。

そして、「では、どうやったら親指があっても同じようにすることができるか」それを突き詰めれば、謎は、絡みあう謎の糸は一本ずつ解けていくのです。

どうやら、瓢漂会ですら、直接いくら物理原理を伝えたところで、なかなか難しいようです。誰もできるようにならない。だから、頭で理解するだけでは足りないのかも、そこに実体験を通して、そして自ら考えることで、この難しい技術を少しずつものにしていくことも必要なのかも知れません。

まだ試したことが無いなら、是非やってみてほしい。直に!

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

上げ手において肩の力を抜いておくことは鬼門だ。AF法でいくら相手の力を無効にしたところで、少しでも肩に力が入ろうものなら、まったく役に立たなくなってしまう。

準備段階で力が抜けていても助けにならない、上げようと思った瞬間、上げるアクションを起こすとき、いや、コンマ数秒前に起こる肩の筋肉の収縮は、即座に力の世界へと引き戻してくれる。

力が抜けた状態というのは、逆に言えば、力をいくらでも入れる余地があるわけだから、厄介だ。

そこで提案、力が入る余地を無くすには、肩にこれ以上力が入らないくらいに力を入れておくのはどうだろう。

そこで挑戦してもらった。すると驚くことにみんな手が上がる。もちろんそこにはAF法がわかっていることは大前提ではある。

ヨガとか、健康体操では、肩の力を抜くのに、いったん肩に力を入れて、引き上げて、ストンと落とすと指導されることが多い。あれだ。

ここで、ストンと落とさず思いっきり引き上げた肩を保って上げ手をおこなうのである。ある人が名づけた、

「ジャミラ」。

ぜひ挑戦してみて欲しい。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

言葉による解説、物理な原理をいくら説明しても、と言ってもその物理はごく簡単な聞けば誰でもわかる理屈なのだから、それでも自分でやるとなると、どうして、なかなか難しいらしい。

やって示してはどうか、これはいつも稽古で何年も体感してもらっているから、感想を聞けば言葉で説明した物理の法則が実際に起きているのが良く分かると言ってくれる。

やはり力が、肩の力が抜けてこないと上げ手にならない。

うまく伝わるかわからないが、あえて説明するなら、この手の内による細かいテクニックは力の釣り合うところでいかんなく発揮される、太ももに手を乗せたところをいくら強く押さえつけたって、その力は床の抗力と完全に釣り合っているから、2人セットで観察すればゼロ。またいくら強く握り込んでも、その締め付ける力はこちらの小手を砕いてしまうことにはならないから、ここでも力は釣合いゼロ。その釣合いの中で、物理に従い新たな力が発生しない方向へ手を持っていく、その一つが手の骨格構造と重力から上方向。

ここで、こちらが自ら力を使って上げようものなら、抑える側にしてみれば、当て返せる力をわざわざくれるのだから、それを的に力で押し返すだけだ。作用・反作用の法則に他ならない、そこから外れることは不可能だ。力ゼロ近辺のところで十分に効果がある技術なのだから、それこそ数キロ、数十キロの力の世界では話が異なる。

そこで必要になるのがコツ。

ただ自分の手を上方に持っていくだけに徹してみてはどうか、相手のことはいったん完全に忘れて、相手の手を持ち上げると思わず。つまり自分の手を上に持っていく動作だけ行う。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

続きを読む

人の進化の歴史は地球レベルでみると新しい。2本足歩行の実現が手を開放し、そして脳を発達させた。そこには他の動物には見られないヒトにしか見ることのない特徴がいくつもあり、それらはそれまでの進化の方向から逸脱してしまったのかも知れない。

小手の合気には親指、崩しに踵です。

まず親指、ヒトの親指は残り4本指と向き合うことができるように進化してきました、物をつかむことができます。そして太くなった。

上げ手において、我の手を上げてゆくときその両手の指先は、普通、抑える相手両腕の内側を通って上がってゆくわけだから、相手の手の内の母指丘、虎口、親指に抵抗を受ける。これは関係上、構造上しかたのないことです。AF法がわかってからすぐの頃、今思えば相手の手の内の中、小指丘の膨らんだ筋肉のあたりを利用していました。

その後、上達するにつれ、母指丘の筋肉のところで力を抜いたり、虎口で抜いたり。そして親指そのものを無効化することに気づいたのはその後のことです。これがわかるまでは、上げてゆく過程でどうしても最後に親指の抵抗に力で勝つことになります。といっても親指一本、両手で二本が相手なので勝てるのですが、「まったく力は要らない」とは言い難い。ところが最初から親指に狙いを定めていれば、最後の砦を最初から奪っているので、力は要らないことが体感できます。そしてつくづく、小手の力抜きでは掴む力を抜いてしまうのだとわかります。

今では残り4本の指に掛けるやり方も見つかり、それらを組合わせると効果が高くなります。虎口と親指、母指丘と親指、中でも最強なのは4本指と親指、つまり全ての指なのです、今のところですが。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

小手の筋肉密度を高くすることにより上げ手の練習していると、その練習量に反比例するように、力はどんどん必要なくなっていくはずだ。

そして力を使わない、ということは思わぬことに気づかせてくれる。つまり、力を使っていては見えなかったものが見えてくる。手を上げていく過程で力が要らないと、力が入っていないだけに、相手の手の内の弱いところが分かってくるのです。

そうすると何が起こるか、何ができるか。

筋肉密度に頼らずとも、その相手の手の内の弱いところに自分の小手の向きや角度を合わせていけば良い。自分は力んでいないのだから、簡単にその向き、角度に自分の小手を調整していくことができる。また上がっていく過程でその弱いところも、つまり弱い方向、角度もダイナミックに変化していく。これは骨格と抑える位置や高さによるものだが、こちらはあくまで力を入れてないので自由自在に合わせてゆけば良いのです。

結果、朝顔の手さえ、要らなくなる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論


続きを読む

運動学にカウンタームーブメントというのがある。、個人的な理解ではあるが、ある方向に動こうとしたとき、バランスをとる、その反対の方向への動きが生じることだ。

上げ手の場合、抑えてくれている相手の手の内の中でこれが起こってしまうと、相手に抵抗する的を与えてしまうことになる。

具体的に自分の右(左)手を左(右)手で掴んでやってみて欲しい。

1 右手の指先から左手を上げようとするとき、左手の小指丘をがぶつかるとする、このとき左手の手の内で右小手が回転し、左親指と人差し指を押し下げる動きになる。

2 右手の指先から左手を上げようとするとき、右手の拇指丘または親指がぶつかるとする、左手の手の内で右小手は回転し、左人差し指を押し下げる動きになる。

こういったカウンタームーブメントが起きていては、よほど太い右小手の持ち主でない限り、左手の無力化はできない。瓢漂会のAF(無力化法)ができているかどうか、カウンタームーブメントの有無はひとつの判断基準となる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

弾性体における摩擦の法則によると、朝顔の手をつくる他にも小手の摩擦係数を小さくする方法があることが分かる。

それは、受けがかける垂直抗力を大きくすることだ。

つまり、受けの上げまいと抑える力が強くなればなるほど、摩擦係数はそれに反して小さくなる。座り捕りでは特にこの効果を存分に楽しむことができる。作用反作用に従えば、垂直抗力を大きくするためにはそれに釣り合う反作用が必要だが、こと座りではその反作用は座った床が担ってくれるからだ。

具体的に、座った自らの太ももの上に小手を投げ出して置いておけば、相手の抑えに対抗する必要はなく、床にまかせてさえおけば、押さえる垂直抗力は抑える受けの体重の一部や筋力をあるだけ、使えるだけ総動員できる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

続きを読む

太い小手が上げ手など掴まれたときに有利なのは、あえて物理で説明するよりも、経験的にも直感的にも明らかだろう。

それでも納得できないなら、両極端を比較してみる、想像してみると良い。

こちらが掴もうとした小手が、まったく自分の握れないくらい太かった、例えば太ももくらいあった場合と、もう一方は親指と対になる残り4本指が届いてしまうくらい細かった、例えば華奢な女性の細腕だった場合を想像して比べてみる。たとえ同じ力であっても、あきらかに後者のほうが抑えやすい。

もうそれ以上深く考える必要もないでしょう。

でも、ここでひとつ、忘れてはならない大切な教示がある。それは抑える力を発揮しようとしたとき、握る(手の内)ということがいかに大切なファクターになるか、ということです。裏を返せば握りをより無効にすることが出来れば、無力化のそのほとんどは達成されたことになる、のです。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

どんどん力を抜いていく、肩、かすかに残る力さえ気になる、さらにさらに腕をだらりと落とす。

それでいて朝顔の手は強く張る。なんたる矛盾、体にとっては偏り極まりない。

それでも、肘、二の腕、足をだらり。腹筋と背筋はかろうじて姿勢を保つほどに抜いていく。抜けてぬけて抜けると、最後は肩。ほんのちょっとが緊張が気になる。

そうやって力抜きの技術に徹してみると、腕はまったくぶつかることなく、ゆっくりスーッと緩やかに上がっていく。

次なる矛盾、まったく当たらないと相手は不思議がってくれるが、何も起きない。崩れない。ただ、どうやったって抑えようがない。

上げ手を難しくするのは、相手を崩そうとする意識、あるいは無意識が障害となる。相手の手を持ち上げようとする、意識的であれ無意識であれ、それはとても正直に力になる、体は嘘をつかない。

朝顔の手以外の力を抜き切る、それで且つ、技術を知り、理論通りに自分の手を挙げると、まったくぶつからない。相手は崩れない。もちろん、相手が崩れる位置や高さに手を持っていけばよいのだけれど、じゃあ、崩しの定義って何?それとこれは直接関係はない。

無力化と崩しはまったく別もの。

瓢漂会

続きを読む

なぜ開掌ではなく、朝顔の手なのか。

私は手の構造にあると考えています、具体的には指の動かし方と、そのとき働く前腕の筋肉にある。

ここで手のひら、甲側の小手を表、手のひら側の小手を裏とします。開掌では手のひらが平らに開きます、ここで指を開く筋肉は小手の表にあります、前腕表の手首寄り筋肉が収縮して指を引っ張り開くからです。小手裏には開掌に参加する筋肉は見当たりません。

ここで、小手をつかまれた時のことを考えます、ご自分の右(左)小手を左(右)手で掴んでみます。そうするとどうでしょう、よほど太い小手の持ち主でもないかぎり、掴んだほうの手の指先は掴まれた小手の裏側までとどくことが観察できます。

指の力はけっこう強力で、掴まれた方からするとやっかい。上げ手の上げ始めの段階では押さえの体重、体幹、腕の力は、上から押さえるときに手のひらにかかりますが、手が上がる段階に入ると押さえの指の力が、上げる側にしてみれば邪魔です。

どうすれば良いか、指のかかる裏側の筋肉に活躍してもらう必要があります。そこで朝顔の手です、親指と小指が向かい合い近づくことにより小手裏の筋肉を収縮させることができます。小手の筋肉が周り全体に働くことにより、どんな掴まれ方にも対応できます。また手首付近を掴まれたことを想定すると、手のひらにある母指丘、子指級の大きな筋肉も収縮させることができます。

それでは、前腕の一番太い肘に近いあたりを掴まれたらどうでしょう、朝顔の手で良いのでしょうか、それとも手はどのような形があるでしょう。その周りの筋肉を知れば、おのずと手の形は決まることでしょう。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



このページのトップヘ