ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

ボクシング

ゴロフキンvジェイコブス(ボクシングピープル

ニューヨーク、マディソンスクエアガーデン期待のタイトルマッチ、トリプルGことゴロフキンと「奇跡の人」ジェイコブスの統一戦です。

B-HOPのミドルの防衛記録20がいよいよ射程圏内、18を目指すGGG、それも23連続KO中ですから、20連続KO防衛もありうるかも知れません。伝説シュガーレイロビンソンの名前まで上がってます。

ジェイコブスは9年ほど前にガンを患ったものの1年半で復帰し以来無配、奇跡の人と呼ばれる所以です。対戦相手もピータークイリンに初回KO勝ち、それにセルヒオモラもいます。なんでも、あのアンドレうオードの、そうもう一人のモンスター、セルゲイコバレフ戦、コーナーでの的確でいて奮い立たせるような指示が強烈な印象、その知将バージルハンターにアドバイスを受けたようです。

GGGもここ2戦ややかげりが、とも言えないでもありません。期待の大一番です。








WS000047

ガルシアvサーマン(ボクシングピープル

ウエルター、スター同士の統一戦です、ブルックリン決戦。両者全勝、ガルシアはこれまで名だたる相手をことごとく、時には強く、また時にはギリギリの戦いを制してきました。

一方サーマン、こちらもスーパースター候補のひとりですが、さすがにタイトル戦になってから、ややペースダウン、順調に勝ち続けてはいますが、判定続き。

両雄にとって、ウエルタートップ、そしてメイ後、空席のスーパースターを争います。掛け率はどうやらサーマンに開いているようですが、もっともガルシアはアンダードッグには慣れたもの。

どうやらブルックvスペンスも決まったようですから、誰が生き残り、誰が振り落とされるか。

激戦区のウエルター、4人の他にもポーター、ベルト、ピーターソン、カーン、ブローナー、そしてクロフォードがら下から突き上げます、パックも健在。

そしてレギュラー解説不在の席にはウエルターレジェンド、シュガー・レイ・レナードが。



WS000047

フランプトンvサンタクルス、ザティーチニンvガルシア(ボクシングピープル

秒読み!フランプトンとサンタクルスのリマッチです。7月ブルックリンから場所をサンタクルスの巨大ファンベースのサポートするいわば地元西海岸、ラスベガス。

7月の試合は年間最高試合と推す人多く、きわどい判定を制したフランプトンは年間最優秀にも選出されました。カウンターパンチャーは今やアイルランド史上最高を目し、その名は世界に轟いてます。

日本のファンにはおなじみサンタクルス、エンドレスファイターは初の黒星、リベンジを誓い、その後は早くもトリロジーを視野に。

そしてマイキーガルシアの久々の登場。名トレーナーを兄に持ち、クラスの違うパッキャオまで挑発していた、契約問題だか何だかで遠ざかるスーパースター候補、影は薄くなりつつあるものの今だ無敗。チャンピオンのザティーチニン(Dejan Zlaticanin)も無敗のチャンピオン、こちらも期待。




WS000047

ベテルビエフvプリエト(ボクシングピープル

今週末、注意!現地金曜にベテルビエフ登場。スター揃い、実力者ぞろいのライトヘビー。やはり次期候補のオレクサンドル・グウォジク(Oleksandr Gvozdyk、ウクライナ)もやや上にいるけど、でも次のナンバーワン最有力はこの人ではないでしょうか。詳しいことは伝わってきませんが、アマ時代はコバレフに2勝も有名なはなし。

ウォードとコバレフの次戦(あれば)の勝者とIBF指名試合が実現するのか?

アウトサイドはコバレフと双璧、インサイドはウォード級、いやそれ以上と評判のベテルビエフ。

肩の故障でやや休みがありました、相手のプリエトもそこそこ良いボクサーのようですが、評判は問題なくベテルビエフのようです。

スーパーマンも交え、迫力のライトヘビー。しっかり押えておきたい試合です。




WS000047

B-Hopファイナル(ボクシングピープル

バーナードホプキンス、来月52歳、エイリアン、死刑執行人、最後の試合です。

ジョースミスJrとWBC Internationalのタイトルがかかります。

ロイジョーンズとの接戦に屈っしたのは1993年、忘れもしません、その試合はラジオの英語放送にかじり付き聞き入りました。

階級を上げてきたプエルトリコの英雄、フェリックス・トリニダード戦。

ミドル統一チャンピオン。

契約ウエートでのゴールデンボーイ、オスカー・デ・ラ・ホーヤ戦。

ジョー・カルザゲ、ジャン・パスカル、すごい対戦相手です。

ライトヘビー級統一王者。

最年長世界王者更新。

前戦で、あのクラッシャーコバレフと12回判定までリングに生き残りました。

戦う現役レジェント、殿堂入りは既にお墨付き。

いよいよ憂愁の美です。



WS000047

クロフォードvモリーナ(ボクシングピープル

次期スーパースター候補の中でもそのトップを争うクロフォードの地元オマハ凱旋、保持する2つのタイトル防衛戦です。

挑戦者モリーナは6月プロボドニコフに番狂わせを起こし、ランキング、そしてタイトル挑戦をものにしました。それまでの戦績はあまり芳しくはなく、と言ってもマティセ、ソト、ブローナーとそうそうたる相手だったせいか、そこそこのランキングも維持。

6月からは新トレーナーを迎えて新しいスタイル、長身からのジャブが主武器、自信も取り戻した様子と聞きます。

クロフォードの楽勝とも、また番狂わせは地元で起こりやすいとも言われますし、そこは油断のないことでしょう。






WS000047


ロマチェンコvウォータース(ボクシングピープル

マトリックス

ボクサーの域を超え、
アスリートにも見当たらない、
人類を超え、
バーチャルに求める、

比較される対象はマトリックス、ネオ。

早くも史上最高のボクサーと、敗戦があるにもかかわらず、評価されるロマチェンコが、ニコラスウォータースを迎え撃ちます。階級が2クラス以上下なのにパックの対戦相手としても名が上がります。

先週に続き、今週末も最高に面白そうなビッグマッチです。

あのドネアを葬り、スーパースターまっしぐら、われらが内山元Chも対戦を熱望していたウォータース、軽量失敗がケチのつき始め、判定に疑問は多くあったものの、ソーサに引き分け。なんとしてもここに集中力を取り戻したい。







WS000047

コバレフvウォード(ボクシングピープル

超スーパーファイトがやってきます。メイvパック以来の大一番、おまけにその内容は遥かに期待できるでしょう。

メジャー3団体制覇のセルゲイ「クラッシャー」コバレフに元スーパーミドル統一チャンピオン、オリンピック金のアンドレ「S.O.G.」ウォードが挑みます。もちろん両者無敗、無敵。

ウォードはプロモートのごたごたで試合数があまりに少なく、そのプライムを過ぎてしまいました。ここでようやくクラスを上げ、今年は2戦しペースを上げてきましたが、そのギャップは埋まるのか。ただし、豊富なボクシングキャリアを誇りますから、そんなに危惧する必要もないのかもしれません。

コバレフにとっても最大で、ホプキンス以来の最高の敵。KO率が証明する天性のパンチングパワーに、アマからのそのボクシング技術も備えた、ちょっと手のつけられないような強さはロマゴンやGGGと双璧。

ウォードのライトヘビーでのチューンアップを見ると、とてもコバレフにKO勝ちは限りなく、あり得ないことのように思えます。コバレフがいつも言うように「何が起こるかわからないのがボクシング」と言うものの、ウォード勝利のチャンスは判定というのが可能性大。

体格でも有利なコバレフはKOを狙うでしょうが、判定でも強いのでこだわりはないでしょう。50のB-Hopと前戦では判定勝ちを収めています。こちらもややピークを過ぎたとささやかれ始めたようですが、とてもそのようには思えません。

勝者がP4Pのトップだとするのは、多くの人にとって異存のないことでしょう。

楽しみはつきません。

ちなみに「スーパーマン」スティーブンソンがその勝者とやる、と言っていますが、実現すればすばらしいことですけれど。






WS000047

ガルシアvバルガス(ボクシングピープル

ダニー・ガルシア地元フィラデルフィア凱旋、ノンタイトル(WBC)でサミュエル・バルガスです。ウエルター3戦目は3月のサーマン(WBA)との統一戦へのチューンアップと見られます。

バルガスはエロル・スペンスにKO負けしているので、その一戦との比較されるのは必須、興味どころとなりましょう。

パックの対戦候補にも名を連ね、メイのカンバックを信じ対戦を望むガルシア。スーパースター候補がウヨウヨ激戦区の中量級、見ておきたいです。






WS000047

パッキャオvバルガス(ボクシングピープル

一度引退のパッキャオが、引退前にボクサーとしてまだやり残したことがあると言っていた、「カンバック」をします。それはリップサービスだったかジョークだったのか、もともと引退のつもりはなかったのかも知れません。

それに加えて議員として初の世界チャンピオンもモチベーションの一つに、今だトップであることを証明するため自他とも納得する試合をしなければと、大覚悟の復帰戦です。

相手はチャンピオンのバルガス、ティモシーブラッドリーにあわや大逆転か、あと一歩およばずでしたが、スター候補だったサダム・アリとの決戦に快勝し王座を獲得しました。ブラッドリーやアリ以前はKO率は高くなかったのですが、ここで進化したのでしょうか。

パックvメキシカンと言えば、バレラ、モラレス、そしてマルケスとライバルとの激闘はすでに伝説、尊敬する先輩達に加わりたいバルガス。

パックは来年もタレント豊富な中量級、メイとの再戦含め対戦相手の噂は事欠きませんが、ここへ来てフェザーのロマチェンコの名前まで。実はロマチェンコ、フェザーにしては大きく、試合当日は膨れ上がるそうで、小柄なパックとの差は階級ほどにはないそうです。ただしロマチェンコ、パック戦までに準備一年は必要と言っているので、その時までパックがまだ戦っているかどうか。




WS000047


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ