ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

瓢漂会

骨格の連携(KV

間接の働きを考えるうえで、回転モーメントを考慮することが大切なのは言うまでもない。

少し前、背泳ぎの記録に伸び悩む選手に、コーチは腰がやや落ちてしまっていると指摘していた。そしてその指導は、

「アゴを引けば、自然と腰が浮いてくる」

というものだった。

首回りのアゴを引く回転モーメントは、股関節を伸展する回転モーメントを起こすのだから、骨格の連携とは複雑で不思議だ。左側面から見て、アゴが半時計回りにまわる(引く)と骨盤は股関節を中心に半時計回りにまわる(立つ)。

では、とアゴを引いて座れば、腰掛ける姿勢は良くなる、歩けば腰が後方に置いていかれることなく、進んでいく。

逆に腰掛けた姿勢から猫背になると、アゴは前方に自然と突き出してくる。逆にアゴをゆるめて前に出せば、腰が引ける。

こういったことを考えて、瓢漂会で応用していくと、崩しに色々なアイデアがでてくる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論


続きを読む

角度で上げる(AF

小手の筋肉密度を高くすることにより上げ手の練習していると、その練習量に反比例するように、力はどんどん必要なくなっていくはずだ。

そして力を使わない、ということは思わぬことに気づかせてくれる。つまり、力を使っていては見えなかったものが見えてくる。手を上げていく過程で力が要らないと、力が入っていないだけに、相手の手の内の弱いところが分かってくるのです。

そうすると何が起こるか、何ができるか。

筋肉密度に頼らずとも、その相手の手の内の弱いところに自分の小手の向きや角度を合わせていけば良い。自分は力んでいないのだから、簡単にその向き、角度に自分の小手を調整していくことができる。また上がっていく過程でその弱いところも、つまり弱い方向、角度もダイナミックに変化していく。これは骨格と抑える位置や高さによるものだが、こちらはあくまで力を入れてないので自由自在に合わせてゆけば良いのです。

結果、朝顔の手さえ、要らなくなる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論


続きを読む

カウンタームーブメントの禁(AF

運動学にカウンタームーブメントというのがある。、個人的な理解ではあるが、ある方向に動こうとしたとき、バランスをとる、その反対の方向への動きが生じることだ。

上げ手の場合、抑えてくれている相手の手の内の中でこれが起こってしまうと、相手に抵抗する的を与えてしまうことになる。

具体的に自分の右(左)手を左(右)手で掴んでやってみて欲しい。

1 右手の指先から左手を上げようとするとき、左手の小指丘をがぶつかるとする、このとき左手の手の内で右小手が回転し、左親指と人差し指を押し下げる動きになる。

2 右手の指先から左手を上げようとするとき、右手の拇指丘または親指がぶつかるとする、左手の手の内で右小手は回転し、左人差し指を押し下げる動きになる。

こういったカウンタームーブメントが起きていては、よほど太い右小手の持ち主でない限り、左手の無力化はできない。瓢漂会のAF(無力化法)ができているかどうか、カウンタームーブメントの有無はひとつの判断基準となる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

鳥の目が欲しい(KV

木を見て森を見ず、森を見る目、空から鳥のように。

サッカーの司令塔は鳥の目を持つ、フィールド全体を把握し、誰がどこにいるか、どこにポジションを取るか、どこから攻めるか、スペースは、試合をコントロールする。

体術でも同じく、鳥の目が欲しい。鳥の目で相手の弱点を見抜いてしまいたい、護身術だから、複数を想定するというのもある。

人の稽古を見ていてよくわかるというのはないだろうか。人の稽古を第三者として見ていると、ああ、こういうふうにするのか、ああすれば簡単にできるのに。少しばかりの距離があればよく分かる。それがいざ自分がやる段になると、たちまち視線は近くなり、見えるものも見えなくなる。自分の感覚頼りも、脳は都合よく感覚情報を書き換える。目に映る像は感覚よりも事実に近く、脳もウソをつきづらい。

鳥の目のように、森を見るように。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

崩しv後の先(KV

こと崩し(KV)に関しては「後の先」というのは十分にある話だと思う。

型稽古では、こちらのやることがわかっているわけだけら、それだけに抵抗してくれる人もいる。例えば、後方に崩すと分かっている場合、その後方への崩しに絞って抵抗する、あるいは逃げる準備をしておく。こうなるとなかなか難しく、ではどうするかと言うと、瞬時に変化しなければならない。

これは相手の意図を読み、体にでる反応に即応し変化し、やや角度を変える、あるいば別の技を選択する。まさに「後の先」。

小手を取られている限りにおいては、力抜き(AF)を使うことができるから、そういった抵抗を受けず崩しまで持っていくことができるが、こちらから仕掛ける場合には、抵抗を受けやすく難しくなり、それこそ変化が求められる、後の先をとるのが肝心になるのです。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

観察ファースト(KV

理論に則った崩しというのは、どうやら直感的に、経験的に感じる崩す方向とかなり近い。それだけ人の感性というのは優れているということだろうか。

より崩しに上達するためには、型稽古ということを最大限に生かして、一度崩せたと思った時点で止めて観察することだ。受けは止められた時点で自由に逃げたりしないで、そこで踏ん張る。我は観察し、次に動く方向や角度をいったん確認した上でゆっくりと進めてゆくのが良い。

倒せると思った瞬間「しめた!」、誰でも一気に極めようとしてしまうのは人の常。また、失敗した瞬間に強引になったり、変化するのは良いが急いだり、それらはすべて力となり受けの反作用を誘うきっかけを与えてしまい、結果的にすべては台無しということになる。

そこで、一度止めることにより「間」をとり、観察し考え、力まず急がず丁寧に倒してゆくのが良い。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

なぜ強く抑えてほしいのか(AF

弾性体における摩擦の法則によると、朝顔の手をつくる他にも小手の摩擦係数を小さくする方法があることが分かる。

それは、受けがかける垂直抗力を大きくすることだ。

つまり、受けの上げまいと抑える力が強くなればなるほど、摩擦係数はそれに反して小さくなる。座り捕りでは特にこの効果を存分に楽しむことができる。作用反作用に従えば、垂直抗力を大きくするためにはそれに釣り合う反作用が必要だが、こと座りではその反作用は座った床が担ってくれるからだ。

具体的に、座った自らの太ももの上に小手を投げ出して置いておけば、相手の抑えに対抗する必要はなく、床にまかせてさえおけば、押さえる垂直抗力は抑える受けの体重の一部や筋力をあるだけ、使えるだけ総動員できる。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

続きを読む

なぜ太い小手はそんなにも有利なのか(AF

太い小手が上げ手など掴まれたときに有利なのは、あえて物理で説明するよりも、経験的にも直感的にも明らかだろう。

それでも納得できないなら、両極端を比較してみる、想像してみると良い。

こちらが掴もうとした小手が、まったく自分の握れないくらい太かった、例えば太ももくらいあった場合と、もう一方は親指と対になる残り4本指が届いてしまうくらい細かった、例えば華奢な女性の細腕だった場合を想像して比べてみる。たとえ同じ力であっても、あきらかに後者のほうが抑えやすい。

もうそれ以上深く考える必要もないでしょう。

でも、ここでひとつ、忘れてはならない大切な教示がある。それは抑える力を発揮しようとしたとき、握る(手の内)ということがいかに大切なファクターになるか、ということです。裏を返せば握りをより無効にすることが出来れば、無力化のそのほとんどは達成されたことになる、のです。

瓢漂会
AF:無力化法
KV:崩し理論

AF法、KV法

どんどん力を抜いていく、肩、かすかに残る力さえ気になる、さらにさらに腕をだらりと落とす。

それでいて朝顔の手は強く張る。なんたる矛盾、体にとっては偏り極まりない。

それでも、肘、二の腕、足をだらり。腹筋と背筋はかろうじて姿勢を保つほどに抜いていく。抜けてぬけて抜けると、最後は肩。ほんのちょっとが緊張が気になる。

そうやって力抜きの技術に徹してみると、腕はまったくぶつかることなく、ゆっくりスーッと緩やかに上がっていく。

次なる矛盾、まったく当たらないと相手は不思議がってくれるが、何も起きない。崩れない。ただ、どうやったって抑えようがない。

上げ手を難しくするのは、相手を崩そうとする意識、あるいは無意識が障害となる。相手の手を持ち上げようとする、意識的であれ無意識であれ、それはとても正直に力になる、体は嘘をつかない。

朝顔の手以外の力を抜き切る、それで且つ、技術を知り、理論通りに自分の手を挙げると、まったくぶつからない。相手は崩れない。もちろん、相手が崩れる位置や高さに手を持っていけばよいのだけれど、じゃあ、崩しの定義って何?それとこれは直接関係はない。

無力化と崩しはまったく別もの。

瓢漂会

続きを読む

なぜ朝顔の手の形なのか

なぜ開掌ではなく、朝顔の手なのか。

私は手の構造にあると考えています、具体的には指の動かし方と、そのとき働く前腕の筋肉にある。

ここで手のひら、甲側の小手を表、手のひら側の小手を裏とします。開掌では手のひらが平らに開きます、ここで指を開く筋肉は小手の表にあります、前腕表の手首寄り筋肉が収縮して指を引っ張り開くからです。小手裏には開掌に参加する筋肉は見当たりません。

ここで、小手をつかまれた時のことを考えます、ご自分の右(左)小手を左(右)手で掴んでみます。そうするとどうでしょう、よほど太い小手の持ち主でもないかぎり、掴んだほうの手の指先は掴まれた小手の裏側までとどくことが観察できます。

指の力はけっこう強力で、掴まれた方からするとやっかい。上げ手の上げ始めの段階では押さえの体重、体幹、腕の力は、上から押さえるときに手のひらにかかりますが、手が上がる段階に入ると押さえの指の力が、上げる側にしてみれば邪魔です。

どうすれば良いか、指のかかる裏側の筋肉に活躍してもらう必要があります。そこで朝顔の手です、親指と小指が向かい合い近づくことにより小手裏の筋肉を収縮させることができます。小手の筋肉が周り全体に働くことにより、どんな掴まれ方にも対応できます。また手首付近を掴まれたことを想定すると、手のひらにある母指丘、子指級の大きな筋肉も収縮させることができます。

それでは、前腕の一番太い肘に近いあたりを掴まれたらどうでしょう、朝顔の手で良いのでしょうか、それとも手はどのような形があるでしょう。その周りの筋肉を知れば、おのずと手の形は決まることでしょう。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ