ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

瓢漂会

崩しへ

「小手を掴まれる」、「小手を掴まれた」限定条件の元では、その力を抜いてしまうことに、自信は深まるばかりです。ところが、そこから倒そうとする、技に移ろうとして、我が他方の手で何かしようとすると簡単に立ち直られてしまいます。

例えば、小手を引き出して相手の小手を取りに行って返す、そうするとこちらが小手を取りにいった瞬間、相手は立ち直ってしまう。

捕られた小手を外から回して二か条に移り、その瞬間、掴まれた小手を切り、自ら二か条に入ると、立ち直ってしまった手首の強い人には通用しなくなる。

スピードでやってしまうっていうのもあるけれど…

ここへ来てようやく、掴まれた小手を切ってしまっては相手の力はいとも簡単に復活してしまう、こんな簡単なこと、どこか頭の隅で気づいていながらバイアスが、認めたくなかったのか、見て見ぬふりしてた。

掴まれた小手をそのままに、完全に崩してしまってから技に入らないといけない。色眼鏡をはずせ。

まずは四方投げ、片手は始終掴ませたまま、四方に投げる、極める。

次に入り身投げ、掴まれた小手を自由に動かし、入り身する間合いを作り、入り身投げする。

オーソドックスな基本技から始める。

よくよく考えてみると、完全に崩すがまだ足りない。

瓢漂会

基底面は小さく

崩しのその要素のひとつに基底面の端に重心線をもっていく、というのがあります。これには一つの問題点があります、人の無意識はバランスを感知していて、重心線が基底面を外れると足を出して基底面を変えることにより、安定を取り戻すからです。

そこで、その出る足をおさえ、払い、かけ、投げるのは有効になります。

瓢漂会では考え方が違っていて、重心線を基底面の隅に追いやることはしません、むしろ足には居ついていて欲しいのです。

ではどういうふうしたいか、というと、基底面を小さくする工夫です。たとえば片足で立っていれば、片足の面積分です。

そして、

そうです、つま先立ちにすることができれば、これも基底面は小さくなるのでした。

瓢漂会

上げるが先か、掛けるが先か

「掛かるから上がるのか」、「上がったから掛かったのか」。

最初のころ繰り返し自分に問うた問いかけだ、きっと同じ疑問を持つ人もいるはずです。

今、振り返るとこれは明白ですが、ここへ至るまでは、何度も何度も考えました。

冷静に考えれば、後者が正だとすると矛盾が生じる、手が上がった状態で無力化されたとするならば、手を上げていく過程では力を使っていてもかまわないことになってしまうからだ。「力はまったくいらない」と矛盾する。

このことからも前者が正解となる。相手が抵抗できない状態にされてしまっているから、手はいとも簡単に上がるのです。つまり上がるが良しとするのではなく、上げる前とその過程が問題だ。

なぜここに上げる過程も入れたかというと、上げる過程で掛け直すことをしょっちゅうやっているからです。

なかなかどうして、上げる前に完全無力化というのは難しいことです。初期の抵抗をなくしたとしても、ちょっと上げると次の抵抗点があったりする。サッとやってしまうのもありだが、この場合それを失敗とせず、その抵抗点でもう一度掛ければ良いし、そしてまた次の抵抗点で、といった具合に。細かくかける、繰り返しかける。

それらが切れ目なくつなげるのが、動的にかけるということになる。

それに対し、難しい完全無力化の場合は、いわば静的にかけて、あとは上げるだけとなり、上手くいくと、やはりこちらのほうが気持ちいいものです。

では、手が上がったことの意味は、動的上げ手では無力化も完了し、浮いた状態。

静的上げてでは、単に浮かされた状態、と言って良い。

物事に絶対は難しいのだから、両方できないとならないし、動的から始めて静的を目指すのが良い。

対称性の破れ

力と力がぶつかる、力を入れるから力で押し返される。接触点(面)で対称になってしまっている、対称性が保たれていることになる。

力の使い方とは、つまり、力を抜くこと、たしか王監督の言葉だったと(違う人かもしれない)記憶してます。

どんなに理屈がわかっていても、力での上げ手は技術をぶち壊してしまうようです。相手の手を上げようとするから力になるのかも知れない、自分の手を上げるつもりではどうだろうか。

肩の力を抜く、とても難しいことかもしれないが、どうしても乗り越えないとならない壁なのです。

力が抜ければ、後は理屈通りやると、保たれていた対称性は簡単に破られるのです。

瓢漂会

職業病

本屋さんが街から次々と消えていくのは寂しいばかりです。

先日テレビの取材では、地方の閉店した本屋さんが地元の人々の、大手と掛け合ったりの強い助けで復活。お客さんたちは、ない本もネット使わず、時間がかかってもその本屋さんで注文するという。その本屋さんのご主人は毎日毎日、何百、何千、何万冊の本を手で仕分けしたり、店頭に積んだり、棚に置いたり、その指先や爪はボロボロ。職業病です、と笑っていた。

ボクシングジムの会長は、ミットを持ちすぎて、いわゆる玄人のパンチはその両肩に蓄積され、たまの数日の休息で調子が良くても、1ラウンドもこなせば、元の悪い状態に。職業病だ、と苦笑いしていた。

いくらわかりやすい言葉で説明しても、なかなかどういして、難しい上げ手。力いっぱいの抑えのなか、ゆっくりと見本を見せる、体験してもらう。ただでさえ、皮膚の弱いところ、繰り返し、繰り返しやっていると手首のところに血がにじむ、皮膚がはがれる。そりゃぁ痛いし、治るまで時間がかかる。これも職業病として笑うしかないのだろうか。皮膚にやさしい上げ方を考えてみようか。

瓢漂会

技術で上げる

我が家の朝は、

ラジオが流れる。

それを聞きつつ消音のテレビが視界にある。けっこうニュースはどこで聴いても、見てもかぶっているので慌しい出立前の朝の無意識にすり込むのに役立っているような気がする。

数日前にある取材に目が留まった、べンチプレスの世界チャンピオン。

映像の中からわかったのは、字幕もあるし、重量上げから転向して世界チャンピオンにまで登りつめたらしい。フォームに徹底的にこだわり技術で上げる。肩甲骨周りや対幹を駆使し、最後のフィニッシュ手前までは腕はほとんど使わずに上げるというからスゴイ。映る他の選手に比べても二の腕はそれほど太いわけでもないのは驚きです。

このように技術を極めようとする姿勢には、とても刺激を受けます。

最後の絵は、減量のためなのでしょう、世界2連覇へ向けて馬肉の食卓でした。

瓢漂会

ハムストリングス

年末年始のカレンダーを利用しての自主トレミニキャンプ、毎日ロードワークをしました。その時きつい筋肉痛に見舞われたお尻とハムストリングス。

自主トレキャンプミニ

そんな話をすると、ある人は「へぇ〜」。

またあるとき、東の武術家は関心した様子で「さすが体の使い方ができている」と。少しうれしい気持ちになる。

またあるとき、西のトレーナーは「ハムストリングスは日常あまり使うことのない筋肉、太ももは使っているから筋肉痛がおきにくい、表裏のバランスが悪い。 」

なるほど、所変われば、いろいろな見方ができる。

頭を柔軟にして、色目がねを外し、純粋に考えなければいけない。

瓢漂会

感じ取ろうとすること

感じ取ろうとすることはすばらしいことだが、ひとつ間違えると危険なことがあります。

感じ取ろうとするなら、頭真っ白にして感じることに徹しないといけない。

フィードバック、そこから何らかの結論を導きだしてしまうのがとても危険。導き出した答えが正しければ運が良いが、多々にしてそれは間違っている。

また、運よく正しいとしても、それに固執してしまうと他の可能性をつぶしてしまう。目の前に見えているものが見えなくなる。

まして理論がわかっている場合は、結論ありきになってしまい、とても素直に感じ取るのは難しい。理論が前提で、その”感じ”を理論にそって都合良く脳が書き換えてしまうから。フィルターを通して、それに加工してまで見る。

この点よくよく注意して、考えて稽古に励むことが肝要と思います。

瓢漂会

正しい角度、正しい方向

小手捕りの稽古、合気上げの稽古においては、受けは必ずしっかりと握ること、握り続けることが大切です。合気の証明はそこにヒントがあるのですが、握らないと気づくことも気づかない。特に受けの握る側にヒントをつかむチャンスがある。

ただでさえ、合気の証明が力抜きと結びつくのは至難、奇跡。ひたすら回数を繰り返しが偶然が訪れるのを待つしかないのかも知れません。

無力化の言葉からいくら理詰めで考えても、どんなに発想を豊かにしたところで、言われて知ってもそれはまったく無関係としか思えないような物理です。

次に捕り側、合気の証明により無力化したとしても、そこで力を使ってしまっては何にもならない、ぶつかる。ここで力を抜くのは大関門となり、そこに立ちはだかることでしょう。ここでも受けが握っていることが大事で、握っていてくれるからこそ、そこにぶつからない空間が出現するのです、3次元の世界が。今わかっているだけで、3方向、あるいは3つの角度と言ったらよいか。不思議なくらいぶつからないコースがあるのです。ところがその3方向も力を使った瞬間に消え去るのです。

力を使わない、といってもそれがどういうことかすら分からないことなのは言うまでもありません。出来て初めて、ああそうか、こういうことかと分かるものなのです。

瓢漂会

言語化

言語化する、というのはついつい躊躇ってきました、これまで。言葉を尽くして説明したところで、受け取り方は受け手によってそれぞれ異なってしまい、こちらの意図したことがまったくの誤解を招くことをしばしば経験してきたからです。

もちろん、伝え方が下手なのもあるし、言葉たらず、抽象的だったり。それは受けてにとって主観の入るスペースを広く与えてしまい、誤解が誤解を呼ぶことに。

とくに最後の抽象的ってのがやっかいで、そもそもうまく説明できないから、抽象的にならざるを得ないのかと思います。

では、具体的であったなら、具体的にすることができたとしたなら。

先日テレビを見ていると、職人にしかできない職人技を、伝統的にそういった技術は師匠から弟子に、長い年月をかけて、非言語的な方法で伝えられていくのでしょうが。それをすべて聞き取り言語化したら、なんと数年のうちに職人の域に達してしまう、という職業を企業したのを見ました。

つまりそれは、マニュアル化、ということだったんです。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ