ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

腎臓

「腎臓移植の進歩」 

稽古仲間の友人Iさんによる手記、「I気-MODE記」通信です。


「腎臓移植の進歩」 

私が今まで腎移植を選択できなかった訳は維持療法としてはまだまだ未熟なため生着率が低く、生着期間も短いことで安定感のない短期での治療法となり、移植による合併症での生体へのリスクや不安が高いまま移植を受けることに価値を見い出せなかったからで、又ドナーへの手術によるダメージのリスクが高いことも大きな理由でもあります。

しかし今現在、腹膜境下摘出手術によりドナーの手術方法が大きく変わり手術の切開箇所が小さくダメージもほとんど無く入院期間も約4日で済み、退院後すぐ復帰出来ることが可能となりました。これで選択肢として考えられることは素晴らしいと思います。

移植の大きな利点は透析では不十分だったことが移植腎機能により従来の生体腎機能を取り戻せ、生着している限り腎不全による合併症を遅らせることもできます。又社会復帰も容易なこととなります。

移植は技術的には十分に実用性があり、治癒性の高い維持療法なことは間違いありません。確実に安心して移植が増えてくることは間違いないと思います。でもまだまだ結果を出すのは早い面もあると思いますが移植を考え選択して見ても良いのではありませんか。

「腎臓移植の進歩」 

稽古仲間の友人Iさんによる手記、「I気-MODE記」通信です。


「腎臓移植の進歩」 

急性拒絶反応は細胞性免疫反応を主体に発症しもっとも高頻度に見られる拒絶反応で、促進反応と共に急性拒絶治療法を行い現在は治療薬の種類や治療法も色々増え、さまざまな組み合わせが可能になり寛解率は極めて高くなっています。

超急性拒絶反応は移植抗原に対する既抗体を持っている場合で術前にリンパ球交叉試験により頻度は減っています。慢性拒絶反応は液性免疫反応を主体に発症すると考えらています。超急性・慢性拒絶反応の治療法は現在確立しておらず最終的には人体に悪影響をおよぼすため移植腎摘除を行い再び透析に戻ります。今後生着率を安定向上していくためには慢性拒絶反応治療方法の確立が大きな「カギ」となります。

免疫抑制剤による合併症に感染症があり生着率や生体に悪影響となり色々な合併症を引き起こす原因にもなります。感染症は急性期に大量の免疫抑制剤を服用するため生体防御機能が低下し感染症の発症率が上がるので、術後予防的な抗生物質の服用は感染の兆候がないかぎり数日にとどめるべきです。主な感染症は術後1〜4ヶ月に集中して、代表はサイトメガロウイルス感染症、カリニ肺炎が挙げられ、一度発症すると重症になるため免疫抑制剤を減量又は中止せざるをえなくなり移植腎機能不全などに陥り移植腎摘除となり透析へ戻ったり死亡する場合もあるので注意深い観察と経験が必要となります。術後6ヶ月以降は維持期になり抑制剤も維持量と移植腎機能も安定し生体防御機能も回復してきます。しかし感染症が重大合併症であることは今後も変わらないことです。

移植の合併症は重大なものが多くありますが、現在多種多様な治療薬や治療法をうまく組み合わせることにより安定性の高い生着率で安心して移植が受けられるようになりました。

「腎臓移植の進歩」 

稽古仲間の友人Iさんによる手記、「I気-MODE記」通信です。


「腎臓移植の進歩」 

今現在腎移植は技術的に見ると外科手術はほぼ完成されていて、実際に臓器移植の中でも抜群の成功率をもっています。近年生着率は新しい免疫抑制剤により免疫抑制療法はめざましく向上し、飛躍的な生着率をあげ年々高い進歩を上げています。

20年前と2001年以降では数段高い生着率で、20年前では5年経過で50%、10年で20%ほどの生着率しかならずとても実用的とは言えない状況で、10年前では5年で80%、10年で70%の生着率になり実用的な状況になりました。さらに2001年以降の生着率は100%の成果が出ており驚異的な安定率の生着を見せています。これはシクロポリA免疫抑制剤の開発による所が大きいです。もと生着率を安定して行くためには拒絶反応や感染症などの合併症問題があります。

拒絶反応には急性期の術後1日以内は超急性拒絶反応で、7日以内の促進性拒絶反応、次いで中間期3ヶ月以内(1〜2年後に発症することもある)急性拒絶反応、3ヶ月以降に多く発症する慢性拒絶反応の4種類に分類されます。

「腎臓移植の進歩」 

稽古仲間の友人Iさんによる手記、「I気-MODE記」通信です。


「腎臓移植の進歩」 

今現在自分が受けている維持透析療法は、血液と透析液が透析膜を介して物質と水分を圧力をかけヽ隼兇鉢△躄瓩鮃圓Ω桐で血液中の濃度の高いO掲冓(尿毒素)や水分を濃度の低い透析液側に排泄して取り除きぅぅン(電解質)を血液と透析液を拡散とろ過を使い排泄や補充して濃度を安定値に近づけ血液中の酸を取り除き透析液からアルカリを補充して血液中のPHを弱アルカリ性に調節するなど腎機能を代行する維持療法で、週に3回4時間不足定の多い中、体に大きな負担をかけながら一生つづけていかなければなりません。

しかも長期透析を受けていると多様な合併症を引き起こす問題も出て来ます。おもな合併症の症状は心機能障害、骨障害、二次性副甲状腺亢進症、透析アミロイドーシス、腎性貧血などさまざまな症状が出て来ます。要因は腎不全進行による副腎機能低下で起こるホルモン不足や透析が長期経過する中で色々尿毒症物質が体に溜まって行き尿毒素物質によりホルモンのバランスが崩れ多様なホルモン障害が起こり合併症を発症させます。維持透析療法は生体の腎機能に比べ10%程度の代行しか出来ていないのです。

透析は不完全で、腎不全の進行を遅らせている状態で確実に進行し経過する中合併症の発症率は年々高くなってきます。合併症は一度発症すると完治するこては難しく、又別の合併症を引き起こす要因となり原因が複雑に複合し合います。要因は透析が直接に関係するものもありますが腎不全が大きな要因となって来ます。透析を安定して行うためには自己管理をして行くことが重要になり、自己管理が透析ではほとんどのウェートを占めていて自己管理により自分の体調と病状を把握して行くことで合併症の発症を遅らせ安心して透析を受けて行けるカギとなります。

透析を明確に常に現状を把握して理解して行くことがより良い透析を受けていくには必要なのではないでしょうか。

「腎臓移植の進歩」 

稽古仲間の友人Iさんによる手記、「I気-MODE記」通信です。


「腎臓移植の進歩」 

私は湯沢先生による講演「腎臓移植の進歩」を聴講して、目から鱗が落ち大変良い勉強が出来ました。今まで腎移植について無知な自分を痛感しました。慢性腎不全の末期維持療法を受けるため維持透析療法か腎移植の選択肢を考えた場合に、今現在腎移植を選ぶことは非現実的な選択だと思います。その要因はドナーの不足が重大な問題で、選択の大きな弊害となっています。又移植情報の優劣の差が大きいので偏り易い情報に成りがちです。

今現在の状況はドナーの問題、手術の技術内容や正着率と免疫抑制療法の関連や合併症などについての最新の情報や認識が乏しいため理解が低くなり又これらは維持透析療法についても同じことが言えると思います。その要因は湯沢先生も言われている、移植ネットワークが乏しく最新の成果を発表出来る場が少なく、私たちもなかなか目にする機会が少ない状況にあります。私の周りでは病院による医師や看護師からの勉強会や情報説明の場も機会もあまり無いので必要に応じて自分で勉強している状況にあり、しかも市場での情報や資料も乏しいため慢性の勉強不足に陥りや易くなりがちです。これらの維持療法を受けていくには、医療者と治療者が選択サイドの情報だけを身に着けていくだけでは安定した治療を受けていけないと思います。

今後より良い維持療法を受けていくためには腎移植や透析療法の深い理解と最新の情報をいつでも手に入れられる環境を作ることが重要でこれが問題を解決するための糸口になるのではないでしょうか。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ