ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

技術

崩しへ

「小手を掴まれる」、「小手を掴まれた」限定条件の元では、その力を抜いてしまうことに、自信は深まるばかりです。ところが、そこから倒そうとする、技に移ろうとして、我が他方の手で何かしようとすると簡単に立ち直られてしまいます。

例えば、小手を引き出して相手の小手を取りに行って返す、そうするとこちらが小手を取りにいった瞬間、相手は立ち直ってしまう。

捕られた小手を外から回して二か条に移り、その瞬間、掴まれた小手を切り、自ら二か条に入ると、立ち直ってしまった手首の強い人には通用しなくなる。

スピードでやってしまうっていうのもあるけれど…

ここへ来てようやく、掴まれた小手を切ってしまっては相手の力はいとも簡単に復活してしまう、こんな簡単なこと、どこか頭の隅で気づいていながらバイアスが、認めたくなかったのか、見て見ぬふりしてた。

掴まれた小手をそのままに、完全に崩してしまってから技に入らないといけない。色眼鏡をはずせ。

まずは四方投げ、片手は始終掴ませたまま、四方に投げる、極める。

次に入り身投げ、掴まれた小手を自由に動かし、入り身する間合いを作り、入り身投げする。

オーソドックスな基本技から始める。

よくよく考えてみると、完全に崩すがまだ足りない。

瓢漂会

基底面は小さく

崩しのその要素のひとつに基底面の端に重心線をもっていく、というのがあります。これには一つの問題点があります、人の無意識はバランスを感知していて、重心線が基底面を外れると足を出して基底面を変えることにより、安定を取り戻すからです。

そこで、その出る足をおさえ、払い、かけ、投げるのは有効になります。

瓢漂会では考え方が違っていて、重心線を基底面の隅に追いやることはしません、むしろ足には居ついていて欲しいのです。

ではどういうふうしたいか、というと、基底面を小さくする工夫です。たとえば片足で立っていれば、片足の面積分です。

そして、

そうです、つま先立ちにすることができれば、これも基底面は小さくなるのでした。

瓢漂会

技術で上げる

我が家の朝は、

ラジオが流れる。

それを聞きつつ消音のテレビが視界にある。けっこうニュースはどこで聴いても、見てもかぶっているので慌しい出立前の朝の無意識にすり込むのに役立っているような気がする。

数日前にある取材に目が留まった、べンチプレスの世界チャンピオン。

映像の中からわかったのは、字幕もあるし、重量上げから転向して世界チャンピオンにまで登りつめたらしい。フォームに徹底的にこだわり技術で上げる。肩甲骨周りや対幹を駆使し、最後のフィニッシュ手前までは腕はほとんど使わずに上げるというからスゴイ。映る他の選手に比べても二の腕はそれほど太いわけでもないのは驚きです。

このように技術を極めようとする姿勢には、とても刺激を受けます。

最後の絵は、減量のためなのでしょう、世界2連覇へ向けて馬肉の食卓でした。

瓢漂会

トレードオフ

本を読んでいてトレードオフという言葉を目にした。なんとなく知っているような知らないような言葉なので辞書で調べてみる。

経済用語のようですが、要するにこちらを立てればあちらが立たずと、いうことらしい。

何年も前にイチロー選手のインタビューの言葉を思い出す、「ストライクゾーンの球を打つ技術は大リーグ屈指」、次のシーズンはボール打ちを減らせば、おのずと結果はついてくると悟ったようなニュアンスだった。

その次のシーズン結果がどうなったかは記憶にないが、ちょうど、さすがのイチロー選手にもかげりが見えたころだったし、どうなったことか。

他のことに置き換えて考えてみても、そういったアプローチとは確かにそうではあるけれど、なかなか難しいことなのだと思う。

3割くらいの確立の打撃では、どうしたって機会を考えなければならない。より統計的、確率的なものだからだ。ボール球を見逃すといっても、そう簡単なことではないし、そしてここが肝心だが、見逃す意識をもっていれば当然あやまってストライクを見逃す回数も増えるはずだからだ。

ストライクを打つ確立がいくら高くても、それでは打つ機会が減ることになってしまう。もしかしてストライクをヒットにする確立が高いと言ったってそれはストライクぎりぎりの球もあれば、ど真ん中もあるのだし。

これはどんな分野にでもある、普遍なものだと思う。

少し理屈っぽくなってしまった。つまり、いかに失敗を避けるかではなく、失敗を小さく抑えるかを工夫することなのだと思う。



言語化

言語化する、というのはついつい躊躇ってきました、これまで。言葉を尽くして説明したところで、受け取り方は受け手によってそれぞれ異なってしまい、こちらの意図したことがまったくの誤解を招くことをしばしば経験してきたからです。

もちろん、伝え方が下手なのもあるし、言葉たらず、抽象的だったり。それは受けてにとって主観の入るスペースを広く与えてしまい、誤解が誤解を呼ぶことに。

とくに最後の抽象的ってのがやっかいで、そもそもうまく説明できないから、抽象的にならざるを得ないのかと思います。

では、具体的であったなら、具体的にすることができたとしたなら。

先日テレビを見ていると、職人にしかできない職人技を、伝統的にそういった技術は師匠から弟子に、長い年月をかけて、非言語的な方法で伝えられていくのでしょうが。それをすべて聞き取り言語化したら、なんと数年のうちに職人の域に達してしまう、という職業を企業したのを見ました。

つまりそれは、マニュアル化、ということだったんです。

瓢漂会

地球温暖化

異常気象、地球温暖化、その最大の問題とされている二酸化炭素。

その二酸化炭素を安全にアルコール(エタノール)に変える方法を偶然にアメリカの科学者たちが見つけたそうだ。炭素、銅、それに窒素から触媒作って電流流してと、偶然と言うには随分凝ったやり方に、素人には思えます。

偶然の実験からノーベル賞に至ることもあるわけだから、失敗の果てしなる積み重ねは一見効率が悪いようで、それしか方法がないのかも知れません。

「あきらめない」、「継続は力なり」、「考え続ける」。

かつて、フロンガスはオゾン層を破壊すると、それを救うべき現れた代替フロン、実はすごい温室効果ガスだったというからいやはや。

今度こそ救世主の登場となるのでしょうか。



稽古近況

去年、やっと証明までこぎ着けた合気は手の内のもので、つかまれた時にその絶大な威力を発揮します。

言い換えれば、しっかり握られない場合はどうしようもなく、それこそ、それがどういうことなのか想像もつかないのですが、「くっつける」ことでも出来ない限りまさに、

「お手上げ」

なのです。

それでは着物をつかまれたらどうするか、とまだまだ考えないといけないことはたくさんあります。

それと同時に、掴んでくれない場合や、こちらから攻めていく場合のことも考えていかなければなりません。

そこで、手がかりになるのは、これまでずっと書いてきた、崩しです。

キーワードは第二種テコだったり、自立、胸郭、並進運動、自由度といったことなのです。これも極めて奥が深い、まだまだ遠い道のりを感じる今日この頃なのです。

瓢漂会

視野の広さ

視野の広さを問われるスポーツの代表といえば、サッカーが真っ先に思い浮かびます。他にもバスケットボールでもノールックパス、と視野の片隅で捉えてパス。パスを仲間に渡すような団体スポーツなら多かれ少なかれ。

ラグビー代表選手の中にも子供時代にサッカーをやっていたある選手は視野の広さが良いことと、視野の広さの大切さを、ラグビー日本代表エディージョーンズ前ヘッドコーチは本の中で説いてました。

我がボクシングでも同じ、よく言われるのは動体視力ですが、じつは視野の広さが大事。ここまで視野と言っているのは周辺視のことで、直視、目の中心にターゲットをとらえることではありません。このブログでは何度も周辺視について書いてきました。

五輪書で言うところの観の目です。

さてエディさん、その本の中で、視野にとって最悪なのは、

スマホの画面を見つめてばかりいること。

まぁ、当然ですね。



WS000047

歩く、走る

すっかり走る本に魅せられてしまってから、自分の歩きや走りを見直し、といっても今では走るのは、電車に乗り遅れてしまうようなときの短い距離に限られることですが。

あくまでも自分なりの解釈ですが、歩く時の意識は常にあります。気のせいかもしれませんが楽に歩けているような。楽しく歩けています。

心がけている注意点をいくつか。

  1. 楽に深い呼吸をとれるような、肋骨内の肺の膨らむことを妨げることのないような姿勢をとること。

  2. 地面からロス少なく最大のの抗力、反発力を生かす姿勢で歩くこと。

  3. 前方へ大きく踏み込まない、歩幅は小さめ、できるだけ自分の真下で着地し、踵への衝撃を避けること。

  4. それらのことを助けるために視線はやや高め、遠くにおくこと

なぜかって?それは、

呼吸

記憶もやや曖昧なのですが、少し前に読んだ本に、呼吸をコントロールできるのは人だけと書かれてました。例えば、歩く、走る際の一歩に人は(2呼気、2吸気)、(1呼気、2吸気)、(3呼気、3吸気)など意図しても、意図せずとも、変えることができます。ところが動物は必ず一歩に1呼気、次の一歩に1吸気となるのだそうです。

リズムを変えたり、意識して深く、あるいは浅く。ある程度の時間止めて水に潜ったりします。

考えてみれば、ヨガなどにも呼吸法が様々あります、クンダリーニの火の呼吸は、それを力として利用したりする武術もあるようです。ヒクソングレーシーはたしかハタヨガの呼吸法だったかな。システマにも似た呼吸法があります。

私はといえば、呼吸法を力として武術や格闘技に応用することには興味はなかったのですが、ボクシングのスパーリングなど激しい運動で息切れしたときの調整、急回復のための深呼吸だとか、緊張下に心を落ち着けるだとか、リラックス、瞑想するときの呼吸には大いに関心があります。

ヨガの本も色々調べて、呼吸する時間は時々持ちます。基本的には複式呼吸です。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ