ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

コバレフ

ウォードvコバレフ2(ボクシングピープル

コバレフのコーナーを仕切るジョン・デビッド・ジャクソントレーナーの驚きのチームウォード移籍話は実際にあったようです。

試合中ロシア語一辺倒になるコーナーに不満のジャクソン自ら相手サイドにアプローチした、いやいや、ウォードサイドのヘッドハントだと、すったもんだがありましたが、どうやら元の鞘に収まった模様。

コバレフは初戦ガス欠になったとコンディショニングコーチをクビにし、新コーチのもとオーバートレーニングに注意を払い、準備は調いつつあるようです。

ウォードは自分のボクシングに集中するだけと、さすがP4P、初戦の経験が更に自信を深めてます。








WS000047

コバレフvウォード(ボクシングピープル

超スーパーファイトがやってきます。メイvパック以来の大一番、おまけにその内容は遥かに期待できるでしょう。

メジャー3団体制覇のセルゲイ「クラッシャー」コバレフに元スーパーミドル統一チャンピオン、オリンピック金のアンドレ「S.O.G.」ウォードが挑みます。もちろん両者無敗、無敵。

ウォードはプロモートのごたごたで試合数があまりに少なく、そのプライムを過ぎてしまいました。ここでようやくクラスを上げ、今年は2戦しペースを上げてきましたが、そのギャップは埋まるのか。ただし、豊富なボクシングキャリアを誇りますから、そんなに危惧する必要もないのかもしれません。

コバレフにとっても最大で、ホプキンス以来の最高の敵。KO率が証明する天性のパンチングパワーに、アマからのそのボクシング技術も備えた、ちょっと手のつけられないような強さはロマゴンやGGGと双璧。

ウォードのライトヘビーでのチューンアップを見ると、とてもコバレフにKO勝ちは限りなく、あり得ないことのように思えます。コバレフがいつも言うように「何が起こるかわからないのがボクシング」と言うものの、ウォード勝利のチャンスは判定というのが可能性大。

体格でも有利なコバレフはKOを狙うでしょうが、判定でも強いのでこだわりはないでしょう。50のB-Hopと前戦では判定勝ちを収めています。こちらもややピークを過ぎたとささやかれ始めたようですが、とてもそのようには思えません。

勝者がP4Pのトップだとするのは、多くの人にとって異存のないことでしょう。

楽しみはつきません。

ちなみに「スーパーマン」スティーブンソンがその勝者とやる、と言っていますが、実現すればすばらしいことですけれど。






WS000047

コバレフvChilemba(ボクシングピープル

さて今週末、というか厳密には来週の月曜日になります。セルゲイ”クラッシャー”コバレフのロシア凱旋防衛戦があります。

今年11月に予定されるアンドレウォードとのスーパーマッチへの試金石と誰の目にも疑いのないことのようです。

オッズは確かに圧倒的ですが、いわば挑戦者にとっては千載一遇のチャンスをもらったので燃えないはずがありません、失うものは何もない。

きっとその心は
「ナメてかかってくりゃ痛い目に会うぜ」
なのでしょうが、ところがそう思惑通りにはいかないようです。

コバレフにはそんな心の隙はないのです、というのもチャンピオンとして故郷への初凱旋、おのずと気合入りまくってます。

いっぽうウォードのほうも8月に熱望していたライトヘビーでもう一戦が決まったようです、順当に勝利すれば11月への準備も整うことでしょう。

そのスーパーマッチ、メイウエザーがカネロを空転させたようなことが、コバレフ相手にウォードがはたして、に限るのではないかと私は今からワクワクしています。




WS000047

ベテルビエフvMaderna(ボクシングピープル

次のモンスター、ベテルビエフが来年のタイトルを目して今週末、拠点のカナダに登場、ちょっと注目です。

ベテルビエフはこのブログでも注目してきました。繰り返しになりますがあのコバレフにアマで2勝。プロになるのは遅かったですが、9戦全勝。その戦いもコバレフや、GGGのようなモンスター級。

幸い相手のMadernaも経験値もそこそこ成績は良く(23-2,15KO)そうですから楽しみです。

3冠を保持するコバレフのほうは、アンドレウォードとの、両者順調に次の試合に勝利すれば11月決戦が謳われています、個人的に今年最大注目です。したがってベテルビエフの4メジャータイトル挑戦は早くとも来年。コバレフなのか、スーパーマンなのか。

そのスーパーマン、スティーブンソンも次の試合が決まったようです。たしかにベテルビエフも楽しみですが、その前にクラッシャーvスーパーマンはなんとしても見たい。でもウォードも応援したいような、コバレフに負けないでいてほしいような。揺れ動く心境です。

目の離せないライトヘビー、カナダ(ウォード以外みんなカナダに居ます)なのです。





WS000047

コバレフvパスカル 2 (ボクシングピープル

今週末は”クラッシャー”そのもの、セルゲイコバレフが再び敵地カナダ、モントリオールに乗り込んでジャンパスカルとグローブを交えます。パスカルがかなりの実力者だけに、期待十分。初戦後、パスカルの挑発(ストップが早すぎたとか、人種差別者発言など)はコバレフの逆鱗に触れ、かなりテンション高くなってます。「パスカルを引退させてやる」と。

冷静に考えると、すべてにおいてコバレフ優位は間違いないことでしょう、パスカルの利を考えるとホームで戦えることくらい、あとコーチがフレディローチに変わってはいますが。といっても初戦でコバレフもクリーンヒットもらっていたし、パスカルもパンチはあるし、タフだし、楽しみな戦いです。

11月にはアンドレウォードと、そしてその前6月には、これまで何度も噂され物別れに終わっていた、スーパーマンスティーブンソンと交渉中?のようです。

コバレフ中心に回るライトヘビーです。



WS000047

GGGvクラッシャー(ボクシングピープル

10月デイビッドレミューとの好カード、統一戦(WBA、IBF)を迎える、GGGことゲンナジーゴロフキンとセルゲイコバレフがかつてジムメートでスパーリングしたときの様子はくり返し噂になります。今の時代の間違いなくKOアーチストの1,2位を争う2人、それがスパーリングであれ実現していたとしたらボクシングファンとしては誰もの興味をそそるところです。

さてその当時の様子についてゴロフキンのトレーナー、アベル(エイブル)サンチェスが語りました。

当時まだコバレフはプロ9戦で(サンチェスのジムにはその後8戦こなしたそうです)まだ若きホープ、ところがゴロフキンはというと、既に世界チャンピオン、オリンピック銀、アマ300戦をこなしていた。そんな2人がスパーリングのリングに立てばだいたい想像はつきますし、その想像通りだったようです。

ビッグベアを後にしたコバレフはその後、現トレーナーとジョンデビッドジャクソンの指導の元、現在のクラッシャーへと変貌を遂げていったようです、サンチェスも賞賛しています。

サンチェスもジャクソンも、YouTubeで指導しているところを探してみてください、さすがと思わされます。




WS000047

スティーブンソンvsビカ(ボクシングピープル)

今週末は、最近ライトヘビーが熱いカナダ、ケベックでスーパーマンにスコーピオンが挑戦します。

スーパーマン、ご存知アドニス・スティーブンソンのWBC防衛戦、対するスコーピオンとは、1つ下のクラス元Chサキオ・ビカ、戦績を眺めるとカルザゲ、ブテ、アンドレウォードとそうそうたるメンツとの対戦があるにもかかわらず、キャリア中ダウンなしのハードパンチャーでタフガイ。アゴに不安のあるスーパーマンにとってはいかにも危険な相手に思えます。ウォードもインファイトでは苦戦してアウトに切り替えての判定勝ちだったそうで、これまで比較的対戦相手を選んできた感もあるスーパーマンは試されることになります。

エマニュエルスチュワート最後の教え子といってもいいスティーブンソンは「KOを狙う、なぜなら自分は名門クロンク出身、それが使命」とかっこいいことを言っています。

今回の試合の勝者はそのコバレフとの指名防衛戦をWBCに通達されていて、スティーブンソンもやる、と宣言しています。これまでコバレフから逃げていると散々言われてますが、周りは勝ってもタイトルを返上しるのではないか、と半信半疑のようです。もっともそれは、スティーブンソン本人の意向というよりはプロモーターやボクシング界の政治的なからみが色々背後で渦巻いているようではあるのですが。

さて、この日の前座に同郷ロシアからアマでコバレフに2勝した、というアーター・ベタービエブ(Artur Beterbiev、アルツール・ベテルビエフ?)が元チャンピオンのガブリエル・カンピージョとのプロ8戦目、大きなテストになることでしょう。すぐにでもコバレフと戦う、そしてアマのときと同じように勝つと豪語。もっともコバレフのほうも応じていて、初戦はガス欠の判定負け、2戦目は地元判定と言っていますが、はてさて。

WS000047

B-HOP vs コバレフ(ボクシングピープル)

いよいよバーナードホプキンスとセルゲイコバレフの戦いが間近にせまっている。さすがのB-HOPにしてもまさかコバレフとやるとは思いもよりませんでした。もう御歳50を迎えるB-HOP、たしかコバレフが5歳くらいのときにはデビューしている計算になると思うから、親子ほどかけ離れている。きっとコバレフはずっとホプキンスが世界に到達したころからの戦いは見てきているのだろう、と思う。

これまで死刑執行人とかエイリアンと異名をとってきたB-HOPそのリング上の歴戦のつわものはあらゆる手をつくして、それが正等であろうが、ダーティーだろうが、くることでしょうが、どういった勝算なのだろうと想像をつくしてしまいます。でも、私なんかはるかに及ばない高いレベルのことですから、まぁ試合が始まらないとわかるはずもありませんが、あれこれ予想するのも楽しいものです。

危険すぎるコバレフも見ていて楽しい好きなボクサーですが、ここはやっぱり、ガンバレB-HOP!なのです。

WS000047

ボクシングピープル スーパーマン

今週末は”スーパーマン”スティーブンソンの防衛戦がある。2大プロモーターと2大ネットワークによる冷戦下のボクシング界にあって、いわば「寝返った」スーパーマン、どうしたってコバレフから逃げたようにしか思えないのは私だけでしょうか。東西に分かれてしまった両者があいまみえることは事実上なくなってしまいました。コバレフに勝って、ということであればスーパースターの称号を手に入れることができたはずです。

自ら防衛戦の相手フォンファーラは危険な相手だと宣伝しておりますが、さていかに。といってもボクシングファンにとってはスタイリッシュな倒し屋スティーブンソンの試合はエキサイティングでやはり見逃せません。

パッキャオもHBOと契約延長更新したそうですから、メイとのドリームマッチはほぼなくなったのでしょうか、まぁ仮にパックが寝返ったところでメイはなんだかんだ言って、対戦するとはとても思えないのですが…9月のメイはマイダナとリマッチ、秋のパックはマルケス5ですかね。

80年代、ビッグ4はお互いに戦っていたのが懐かしい。


WS000047

ボクシングピープル ’14 その1

ロマゴンは3月来日の予定のようです。ただし相手がみつからない、八重樫Chへの挑戦も望んでいたオプションのひとつのようでしたが、残念ながら八重樫陣営に断られたとか、まぁこれは賢明な選択でしょう。ロマゴンは相手が見つからないなか昨年も三戦三KOで圧倒的強さ健在ですから。

さあ、今年の楽しみは?

セルヒオマルチネスとコットは決まったんでしょうか、決まれば面白いです、ネームバリューも力量も二人とも申し分ないです。

ジョニゴンとマレスの再選はマレスの怪我で2月から3月に延期されるようです、こちらも楽しみです。

続きを読む

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ