ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

ゴロフキン

GGGvカネロ(ボクシングピープル

スーパーファイト到来。ファンが待ちに待った、最強GGGゴロフキンとメキシコのスーパースターカネロ・アルバレスがいよいよ実現。

ビッグネームとの対戦を熱望しながら、ことごととく。ついに待望のそして最高の相手とグローブを交える日がやってきました。破壊力に目がいきがちですが、実は高いディフェンス技術、そして何より、最近の怪物と呼ばれる井上尚弥やコバレフに共通の強いジャブを誇ります。またボディアタックもうまい。ジェイコブスとの前戦はたしかに危なかった、負けたかと思った。それが年齢による衰えと見る向きもありますが、最高のタイミングでのカネロ戦。

カネロもいよいよ機は熟しました、武器はやはり美しいコンビネーション、こちらも左ボディはメキシコ伝統。ただ、今回に向けてビルドアップは行き過ぎと心配の声があがっています。スタミナにクエスチョンマークが残るだけに、この筋肉増量、増強がどうなるのか。

KO必須。判定になるようなら、ひと悶着かもしれませんしね。

WS000047







ゴロフキンvジェイコブス(ボクシングピープル

ニューヨーク、マディソンスクエアガーデン期待のタイトルマッチ、トリプルGことゴロフキンと「奇跡の人」ジェイコブスの統一戦です。

B-HOPのミドルの防衛記録20がいよいよ射程圏内、18を目指すGGG、それも23連続KO中ですから、20連続KO防衛もありうるかも知れません。伝説シュガーレイロビンソンの名前まで上がってます。

ジェイコブスは9年ほど前にガンを患ったものの1年半で復帰し以来無配、奇跡の人と呼ばれる所以です。対戦相手もピータークイリンに初回KO勝ち、それにセルヒオモラもいます。なんでも、あのアンドレうオードの、そうもう一人のモンスター、セルゲイコバレフ戦、コーナーでの的確でいて奮い立たせるような指示が強烈な印象、その知将バージルハンターにアドバイスを受けたようです。

GGGもここ2戦ややかげりが、とも言えないでもありません。期待の大一番です。








WS000047

ゴロフキンvブルック(ボクシングピープル

無敗チャンピオン同士の激突!スーパーファイト!ただし2人の間に2クラスの差が。

GGGことゴロフキンの英国登場、地元のスター、ブルック。ブルックはウエルターから13lbs上げミドルの4団体統一チャンピオン(メジャー3)へ、多くの人が無謀と思えるチャレンジを行います。掛け率も6〜8倍と大きく水があきます。

ブルックは2人のシュガーレイ達のクラスを上げての戦いに、特に2代レナードがハグラーに勝利した歴史的大一番を引き合いにします。しかし、レナードには圧倒的スピードという武器がありました。ブルックはスピードの点ではウエルターでも決して速いわけではなく、ましてやウエイトを乗せた今回はさらにスローになっているらしい。

では、何が?パンチ?

たしかにウエルターでは大きいサイズ、減量苦からも開放。直近、翌週にカネロとグローブを交えるWBO、Jrミドル無敗チャンピオン、リアムスミスがスパーリングパートナーを務めたそうです。そのスミスに言わせても、パンチングパワーに特別なものは感じなかったようです、いや、むしろ。。。そのスパーリングのレポートもスミスが良かったと伝えてまいます。

さて、何が?作戦?

コーナーを努めるのはあのハメドのコーチ、イングル氏。ただし息子のほうです。ハメドよりも才能があるとブルックを擁護しますが、ことGGG戦前のコメントからはどういう策略か、あいまいな言葉の羅列ばかり。

いっぽうGGGはというと、本人は「ストリートファイト」でいくそうです。そして、快勝すると遠ざかる、苦戦すれば、近くなるとカネロ戦を挑発します。

WBAは2階級の差を理由に直前のルール変更でタイトル戦を認めない決定をしましたが、そんなことはさておき、GGGいま22連続KO継続中、ブルックの選手生命を心配する声さえあります。





WS000047
続きを読む

英国紳士(ボクシングピープル

ビッグニュースがまた飛び込んできました。IBFウエルターキングのケルブルックが9/10ロンドン、2階級上げてミドル4冠(メジャー3冠)のトリプルG、ゴロフキンへの挑戦が決まりました。

お金のためか、名声、名誉、プライドか。ものすごい勇気はもちろん称えられますが、いくらなんでも相手が悪すぎる、勝算は?

GGGも相手探しに苦戦していましたが、実はケルブルックも下のクラスで影の実力者、今でこそIBFベルトを冠しますが、対戦相手に避けられ続けていた感があります。ナチュラルにはJrミドルながらようやくウエルターにてチャンスをつかんみ、バルガスとの統一戦話が進んでいたはずなのに。

GGGはユーバンクJrの挑戦を受けることに決まりかかっていたはずなのに、どうやらユーバンクが、やはりと言うか、予定通りなのか、ゴネて、それを横目にみていたブルックがチャンスをものにしたようです。

それにしてもアミールカーンも無茶と思えたカネロ挑戦、5回まではそこそこやってました。試合後も恐らく評価はむしろ上がったように思えます。

カーンに続きブルック、英国紳士の勇気に敬意を表します。


WS000047

ゴロフキンvウエイド(ボクシングピープル

無敗(18-0)、アマ経験、KOパワーも高評価、まだ無名とはいえ、将来も期待されるウエイド。にもかかわらず、予想は125:1とGGG圧倒的、ともっぱらの関心はどうやって調理するか、何回か?

ゴールはミドル級統一、メジャー4団体統一に定めるGGG、15連続防衛の上にはホプキンスの20が視界に。リングの外ではソフトすぎる、いい人すぎてカリスマ性に欠け、ネームバリューがイマイチ。もしGGGがリング外でもGGGであったならとっくにビッグマッチが実現されていたはず。ようやくナイキと契約(パックの契約解除のおかげ?)し、やや遅咲きながら真の実力に人気、知名度が追いつきつつです。

セミでは3度目のコラボ、ロマゴンvアロヨ戦。ロマゴンもこの後はメインを仕切ることを夢見ています。エストラーダとの対戦が熱望されつつも、現階級はあと2試合にして、いよいよスーパーフライとは本人の弁。WBCでは無敗のカルロス・クアドラス、そしてWBOでは我らが井上尚弥Chとのドリームマッチ実現を。






WS000047

マービンハグラーvGGG(ボクシングピープル

今やセルゲイ・コバレフのトレーナーとして名を馳せる、自らも元ミドル級チャンピオン、ジョン・デビッド・ジャクソンは言います。

ゴロフキンは史上最強ミドルとの声がチラホラ聞こえてくる昨今、もちろんGGGの実力は認めた上で、現在のミドルのレベルで孤高の存在であるけれど、かなしいかなライバルがいない。

たしかに、目を閉じてマーベラス・マービン・ハグラーを思い出してみる、あの野獣ムガビの強打の雨にさらされながら、最後には倒してしまったた試合。

ジャクソンの言うように、90年代のロイ・ジョーンズ・Jrや、ジェームス・トニーがGGGを空転させまくる姿も想像できなくはない。

それでもGGGはこの先どこまでゆくのだろうか。



WS000047

ゴロフキンvレミュー、ロマゴンvビロリア(ボクシングピープル

いよいよ待ちに待った、トリプルGゴロフキンとデイビッドレミューの統一戦をついに迎えます。ゴロフキンのPPVデビューとなります。チケットの売り上げははなから好調と聞いてましたが、PPVのほうはどうなりますか。セミにロマゴンvビロリアがあるので価値はあると思うのですが、両戦とも掛け率が2対1くらいに傾きすぎなのが興行的には心配要素のようです。

ちなみに余談ですが、

コーナーのアベルサンチェスはテリーノリスのトレーナーを努めていたんですね、知りませんでした。GGGは今回のキャンプはいつもとちょっと違っていたと述べてますが、その言葉からも、GGGにとってもサンチェスにとっても、この試合の持つ意味がなおさら覗えるようです。

ゴロフキンにとっての過去最強の若きレミュー(26才、勿論逆も真ですが)、ここのところ重量級で人材豊富なカナダ(スーパーマン、パスカル、ビュテ等)出身、アマで3冠、プロ転向後は一度躓いたものの2011年からはずっと右肩上がりでIBFの王冠を手にしました。HBOのRoad to Golovkin/Lemieuxを見ているとレミューはレバノン人の母を持つカナダ人で生まれたときには離婚でフランス人の実父知らず、現在は幼少の娘と暮らしますが、ロシア人の前妻(ガールフレンド?)の間に息子もいるそうです。なんだか複雑な環境です。五ヶ国語に堪能らしいです。



GGGがどんなスタイルの相手にしても試合を作って仕留めにいくタイプ(本人がいうチャベスSrのようなメキシカンスタイル?)に対しエミューはすべてのパンチが一打必倒のハードパンチャー、とは言ってもGGGはレミューをどちらかというとアマチュアスタイルと見ているようですが。

セミのロマゴンはリング誌などの栄誉あるP4Pランキングでメイウエザー去り後、堂々の1位、日本のトップ軽量級スター達との統一戦も噂され、さらには早くもマルシアーノ、メイの49連勝を塗り替えるのでは、とまで言われています。こちらもキャリア史上最強の相手2階級におよび、4階世界制覇している、ロマゴンとの対戦を熱望していたブライアンビロリアです。

両試合ともKO必至でしょうか、期待しましょう。

WS000047

GGGvクラッシャー(ボクシングピープル

10月デイビッドレミューとの好カード、統一戦(WBA、IBF)を迎える、GGGことゲンナジーゴロフキンとセルゲイコバレフがかつてジムメートでスパーリングしたときの様子はくり返し噂になります。今の時代の間違いなくKOアーチストの1,2位を争う2人、それがスパーリングであれ実現していたとしたらボクシングファンとしては誰もの興味をそそるところです。

さてその当時の様子についてゴロフキンのトレーナー、アベル(エイブル)サンチェスが語りました。

当時まだコバレフはプロ9戦で(サンチェスのジムにはその後8戦こなしたそうです)まだ若きホープ、ところがゴロフキンはというと、既に世界チャンピオン、オリンピック銀、アマ300戦をこなしていた。そんな2人がスパーリングのリングに立てばだいたい想像はつきますし、その想像通りだったようです。

ビッグベアを後にしたコバレフはその後、現トレーナーとジョンデビッドジャクソンの指導の元、現在のクラッシャーへと変貌を遂げていったようです、サンチェスも賞賛しています。

サンチェスもジャクソンも、YouTubeで指導しているところを探してみてください、さすがと思わされます。




WS000047

コバレフvモハメディ(ボクシングピープル)

今週末の見所はやはりセルゲイコバレフ。対戦相手はフランスからナジブ・モハメディ(37-3,23KO)無名といいますから勝ちは間違いないので、試合内容ということになります。本人の弁を借りると、なんでも“メキシカンスタイル”でやるそうです。と言っても元々はGGGことゴロフキンが言ったことを模したらしいですけれど、そのメキシカンスタイルってどんなものなのでしょう?足で逃げないというようなことも言っているので好戦的なのは間違いないようです。

ちなみに、そのセミには敗れたジャンパスカルが無敗の挑戦者ゴンザレス(キューバ)を迎えます。

あくまで政治的理由なのか、スティーブンソンが逃げているのか、はたまたこの頃はコバレフ陣営からもスーパーマンの名がでてこないので、コバレフも乗り気ではないともとれるから、お互いやりたくないのか。すっかり夢の統一戦WBC指名挑戦の話は消えてしまったようです。

ここへ来て話題の中心はカンバックした、階級も2人のあいだのアンドレウォードを軸に、ウォードvコバレフ、ウォードvゴロフキンが今ホットです。どちらに転んでもスーパーファイト間違いなし。3者とも相手探しに手をやいているし、ビッグマネーも欲しいだろうし。

相手探しに困っているといえばロマゴンことローマンゴンザレス。井岡Chに勝利し冠したあのアムナット・ルエンロンを覚えているだろうか。すでに35歳とやや遅咲きではありますが、まだまだ打たれていない元ムエタイ戦士。その後、中国初の金メダリスト、フレディローチに師事するゾウ・シミン相手に防衛と実力を証明しています。そのルエンロンがロマゴンか統一王者ファン・エストラーダと米国での対戦を大々的に強く名乗りを上げています。

Ruenroeng wants Roman Gonzalez or Juan Estrada in the U.S.

WS000047

ゴロフキンvモンロー、+ロマゴン(ボクシングピープル)

先週のカネロはHBOにとってここ10年近くで最高の成績だったようです、さすがファンの大きなサポートをもつカネロ、また期待通りの試合、さすがです。

今週末はGGGの登場、それもロマゴンとのダブルヘッダーとボクシング通にとって喜ばしいばかりのカードですが、ゴロフキンは一般のファンの支持が薄いのと、軽量のロマゴン。せっかく2人組んだのですから、どうにか盛り上がってほしいところです。GGGやコバレフは、コンスタントに戦ってくれるのも嬉しいですね。

さて、そのGGGこれから先、通の間ではカネロやコットといったビッグネームとの対戦が期待されるのですが、先に述べたようにまだ一般層への知名度が低く、カネロやコットにとってはリスクばかり高いばかりであまりビジネス的なメリットは低いようです。そこでGGG連続KOで勝ち続けることが義務付けられていて、現在までのところその点に関しては順調に見えます。

ところが今回の相手ウイリー・モンローJrというのはちょっと問題視する声があります。まずサウスポーであること、さらにリングジェネラルシップやその高いディフェンス技術はメイウエザー並み(ほんとかよ?と思うのですが)なのだそうで、その気になればGGGを空転させることができる。最近の試合を振り返っても、高いレベルの相手をまったく問題にしなかったのだそうです。

それでも、おそらくこういう話は少数派でしょうが、聞いてしまった以上、楽しみは増しますね。さて、いかなることに。

参考

Golovkin will have a tough time against Monroe

WS000047


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ