注目のカード、エイドリアン問題児ブローナー(AB)とマイキー・ガルシアが一つ下のクラスから上がっての大一番。

ガルシアはスーパースター街道まっしぐら、一とき、契約問題でリングから遠ざかっていたのは残念でしたが、まったく衰えは見られません。

元スーパースター候補ABはリング外でも騒がしく、それが仕事にも影響したのか2敗、ではあるものの実力者。崖っぷちから返り咲くには最高の相手です。ウエイトオーバーが相変わらず心配ですが、なんとか正々堂々とリングに立ってもらいたい。

勝者にはテレンス・クロフォード、なんて夢の話もあります。ひとつ下では我らがおなじみ絶好調ホルヘ・リナレスもいるし。

アンダーカードには、ミドル級に上がってきたスーパースター候補、GGGやカネロとの将来決戦が期待されるジャメール ・チャーロもあります。ミドルなら村田選手を忘れてはいけませんしね。

WS000047