ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

パッキャオ

パッキャオvホーン(ボクシングピープル

共同会見中、手元のスマートフォンを目を落とす態度がなめ切ってると批判のパッキャオ。対戦相手はオーストラリア、ホーン。戦績は無敗、決して油断はないと言い切るパッキャオですが。。。

ホーンはオリンピック代表からプロへ転身、一方で学校の先生なのだとか。今も現役なのでしょうか。プロの対戦相手にもビッグネームはどうやらなし、いったいそんなホーン、何がこんなメガファイトのチャンスを彼にもたらしたのでしょう、もしかしてそれが大差オッズに賭けを見出すところか。






WS000047


パッキャオvバルガス(ボクシングピープル

一度引退のパッキャオが、引退前にボクサーとしてまだやり残したことがあると言っていた、「カンバック」をします。それはリップサービスだったかジョークだったのか、もともと引退のつもりはなかったのかも知れません。

それに加えて議員として初の世界チャンピオンもモチベーションの一つに、今だトップであることを証明するため自他とも納得する試合をしなければと、大覚悟の復帰戦です。

相手はチャンピオンのバルガス、ティモシーブラッドリーにあわや大逆転か、あと一歩およばずでしたが、スター候補だったサダム・アリとの決戦に快勝し王座を獲得しました。ブラッドリーやアリ以前はKO率は高くなかったのですが、ここで進化したのでしょうか。

パックvメキシカンと言えば、バレラ、モラレス、そしてマルケスとライバルとの激闘はすでに伝説、尊敬する先輩達に加わりたいバルガス。

パックは来年もタレント豊富な中量級、メイとの再戦含め対戦相手の噂は事欠きませんが、ここへ来てフェザーのロマチェンコの名前まで。実はロマチェンコ、フェザーにしては大きく、試合当日は膨れ上がるそうで、小柄なパックとの差は階級ほどにはないそうです。ただしロマチェンコ、パック戦までに準備一年は必要と言っているので、その時までパックがまだ戦っているかどうか。




WS000047

パッキャオvブラッドリー3(ボクシングピープル

パッキャオの引退試合です、いよいよです。直近ちょっとしたハプニングが、なんでも和食レストランを出たところを襲われそうになったものの、ボディガードが取り押さえ事なきを得たようです、よかった。

そのパック、アトラスがコーナーについたことでブラッドリーがアグレッシブに進化したことを警戒しているようです、壊れかけとはいえ、ブランドンリオスに初KO負けで引導を渡したしました。

ブラッドリーはブラッドリーで、そのリオス戦のボディアタックで攻めるだとか、マヌエルマルケスのカウンター殺法でいくだとか、はたまた、メイの戦法を参考にするだとか。

そんな主役たちの脇では、アトラスとローチのいがみ合い?も。伝説の名トレーナー、エディファッチの門下ローチ、師匠もさることながら今の時代の最高峰に君臨します。

いっぽう見るからにヤバそうな風貌のアトラス、少年マイクタイソンが自分の姪にちょっかいだしたとして、拳銃でタイソンを脅したというのは有名なお話。こちらも名匠カスダマト門下。マイクを置いてブラッドリーとの相性も良いようです。

さて、パッキャオはこれでおしまいなのでしょうか。ローチもプロモータも次のカネロやクロフォードの話ししてますけど。本人は引退して貧困の人々の手助けをするとか、家族とか。一方でどこ風吹くの、って感じもあります。

まぁフライから8階級、中飛ばしがあるから実質12階級くらいで頂点を極め、やり残したもないのでしょう。

でも、本人曰く、ひとつまだ達成できていないことがあるそうです。

それは、

カンバック!

なんだって。


WS000047

クロフォードvジャン(ボクシングピープル

テレンスクロフォードが今週末ディエリージャンとの初防衛戦に望みますが、ミスマッチの声が聞こえてきます。

さて、ガンボアに勝利して2014最優秀のクロフォード、トップランクがパッキャオの後釜、次期スターとして推しています、ボブアラム氏は米国版パッキャオとまで言っています。その実、チャリティに熱心でアフリカや地元でいろいろ活動しているのだそうです。

一方、昔はストリートファイトに明け暮れたという別の面も持ち、頭部に銃弾を受けるも奇跡的に助かったという驚くべき人生を歩んできています。この事件をきっかけに周りの助けもあって現在の成功を手にしました、その一人がティモシーブラッドリーで良き友であり良き兄貴分なのだそうです。

来年に予定されるパッキャオの引退試合、その相手候補にブラッドリーとともに2人に絞られたとの噂もありますが、ブラッドリーはクロフォードなら喜んでチャンスを譲るそうです、2人の仲と人柄がうかがわれます。

参照

Why Terence Crawford is the charitable champion




WS000047

踏み込み

格闘技なら踏み込み(ステップイン)、武術なら入り身。いまさらでありますが、これはとても大切なことです。

腰が入るとか腰を入れると言ってしまうとちょっと違和感があります、踏み込みやステップインといえばそうなのですが、やはり入り身という言葉がしっくりきます。

反対から言うと、上体がつっこんでしまってはいけない。腰が引けていては、いわゆるへっぴり腰を戒めるものです。よく聞く話で、古の未熟な武士同士が切りあうと、へっぴり腰になってしまって、剣先を小突きあうだけでいっこうに勝ち負けがつかない、達人はさっと入ってしまって、あっという間に切手しまう、というやつです。

先に書いた腰が入る、入れることではありません、むしろ重心が自分の中に保つように腰の位置が相手に向かってしっかり進むことです。それでいて重心が中心にあるのであらゆる方向に自由で入られるようにです。前足に体重が乗ってしまうようでは、動ける方向や足は限定されてしまいます。

専門のボクシングなら良い見本を知っています、マニーパッキャオや、ナジームハメドのように。

WS000047

瓢漂会

メイウエザー、ドーピング疑惑(ボクシングピープル

最終戦?がいよいよにして、メイウエザーのドーピング疑惑が直近、話題になっています。日本のサイトを検索してみるまだあまり見当たらない、ひとつ見つけたのが次の記事です。

メイウェザー、パッキャオ戦でのドーピング報道に反論



メイウエザーがパック戦前日静脈に点滴、それが抜き打ち検査に見つかった、にもかかわらず、どういうわけだか機構は「それは正しく申請されたもので問題はない」、とメイウエザー擁護。

点滴の内容はビタミン剤とか一応問題はないらしいのですが、静脈への注射や点滴による直接投与は禁止されているはずなのに、量も許可されている量をはるか数十倍に超え、それにその申請は試合後に承認された、なぜ違反はないのか、蜜月?なんか関連ニュースを読む限り、怪しい臭いがプンプンなのは否定できません。

パック陣営はもちろん、納得するはずもありません。それもそのはず、これまで散々パックにドーピングいちゃもんをつていたのはメイウエザー、裁判決着にまで至り。世紀の一戦前、肩のケガ、痛み止め注射を申請するも“その機構”は却下したのです。パックは「見ろ、やっと真実は明かされた」、まだ冷静な感じですが、側近のノックスとかプロモーターのボブアラムはおさまるはずもありません。

これまでメイの次戦の発表が遅すぎるのは、対戦相手に準備期間を与えないためのズルい戦略だとかいろいろ言われていましたが、実は薬が抜けるまでギリギリ待つ、試合決定で始まる抜き打ち検査を出来る限り遅らせるためだとか、色々な憶測が沸騰しています。

さて、ベルト戦はこのまま進んでいくのでしょうけれど、どうなることでしょうか。ちなみに”その機構”はあのランスアームストロングをパックったのでが…

WS000047

世紀の一戦(ボクシングピープル)

歴史の目撃者となる瞬間までいよいよ48時間を切った、といったところです。もうだいじょうぶ、実現すること間違いなしと信じます。

予想は十人十色、百人百色ありましょう、オッズもややフロイドメイウエザーJr有利。レジェンドたちの意見もおおむね、わずかメイ有利でしょうか。

そんななかから特に、2人とグローブを交えたレジェンドたちの言葉をご紹介。

オスカーデラホーヤ
メイ:前半は思うように戦ったが後半罠にはまった、そこがメイのすごいところ。
パック:うざいハエまったくつかまえられない、それも打たれる一方。

“シュガー”シェーンモズリー
メイ:あとちょいだった。
パック:パックを見て負けるはずがないと思った、それが2R知らぬ間に倒されて、こいつとあと10Rかよ、って。

ミゲールコット
メイ:2手先を読んでいる。
パック:スピードで勝負。
2人がどう戦うかに限る、Styles make fight。

ファンマヌエルマルケス
パック:プレッシャーと手数をかけ続ける、それにインテリジェンスが必要。
メイ:P4P、すばらしいディフェンスとカウンター。
パックのパンチが一発当たれば、メイは落ちる。

個人的にはマニーパッキャオ応援ですが、正直メイ有利なのはいたしかたない。ただ、メイが足を止めてショルダーロールにたよるともしかして、そこには危険な香りが漂う。


参照

Mayweather vs Pacquiao: Watch HBO's 'The Legends Speak' preview

WS000047

メイウエザーvsパッキャオ(ボクシングピープル)

骨太な話があります。

ボクシングの中継を見ていると、両者の戦績に加えて、身長、体重、胸囲といったボディサイズをよくみかけようかと思います、Tale of the Tapeですね。そのなかでリストサイズ、手首の周囲の数字。あるアーティクルを読んでいると、そのリストサイズにまつわる面白い調査レポートに出くわしました。

手首のサイズというのは身長と正相関します。ある公式に手首のサイズを入れると、その人のおおよその身長が推測できるのだそうです。

次に手首のサイズとその求められた身長を別の公式にあてはめると、体重が導きだされる。

でもこれらって、直感的に当たり前のことですよね、体の大きな人ほど手首は太くなるだろうし。

さて、もっとも重要なのはリストサイズがパンチの破壊力にも正相関する、ということです。まぁ骨太なら体も大きいからパンチ力もある、のではあるのですが。もしここで、身長や体重抜きに、骨太がパンチ力に比例したとしたら?

ここまで述べてきたのは、あくまで統計的にということになります。つまり大勢集まれば、骨太の人は体が大きいと想像がつくでしょうし、たぶん身近に人を観察してみても納得でしょう。

ところが、自然界のこと、統計のこと。中には異常値というものが必ず存在します。統計の処理としてはそういった異常値があった場合、それを取り除いたり、掛け目をつかったり、なんらかの処置を施したり。それは自然界の公式を見つけるというよりは、統計の語る限られた自然界。

本題です。その異常値、骨太、それもヘビー級並みの骨太でありながら、体が小さい。誰のことを言いたいか、もうお察しのことでしょう。

マニーパッキャオです、パッキャオはヘビー級のリストサイズを持つのです!骨太のメリットは打たれ強いことは想像に難くないことですが、ウエイトを上げるのに有利になります。より上の階級でのパンチ力に耐えるし、骨の体重を占める値が大きいのも、赤血球を多く作りだしスタミナを供給、筋肉なり体重アップに都合が良いのだそうです。

さぁ、いよいよです。こういった話も頭にいれておくのも、楽しみがひとつ増えるのではないでしょうか。

参照

Boxing Science: How Manny Pacquiao's Body Has Tricked Analysts and Opponents

Mayweather vs. Pacquiao – Attributes, Preparation and Chess


WS000047

ボクシングピープル スーパーマン

今週末は”スーパーマン”スティーブンソンの防衛戦がある。2大プロモーターと2大ネットワークによる冷戦下のボクシング界にあって、いわば「寝返った」スーパーマン、どうしたってコバレフから逃げたようにしか思えないのは私だけでしょうか。東西に分かれてしまった両者があいまみえることは事実上なくなってしまいました。コバレフに勝って、ということであればスーパースターの称号を手に入れることができたはずです。

自ら防衛戦の相手フォンファーラは危険な相手だと宣伝しておりますが、さていかに。といってもボクシングファンにとってはスタイリッシュな倒し屋スティーブンソンの試合はエキサイティングでやはり見逃せません。

パッキャオもHBOと契約延長更新したそうですから、メイとのドリームマッチはほぼなくなったのでしょうか、まぁ仮にパックが寝返ったところでメイはなんだかんだ言って、対戦するとはとても思えないのですが…9月のメイはマイダナとリマッチ、秋のパックはマルケス5ですかね。

80年代、ビッグ4はお互いに戦っていたのが懐かしい。


WS000047

ボクシングピープル 20140306

今週末はMGMでカネロ・アルバレスがメイウエザー戦来のカムバック、同胞のアングロとのメキシコ頂上決戦があります。やはりカネロのメイとの敗戦から何を学んだのでしょうか、注目どころです。一方のアングロも同門のアミールカーンやアンドレウォードからのサポートもあり、面白い試合を期待します。

サブでサンタクルズ登場ですが、アンダーカードのトップを飾るのはリナレスvs荒川です、本場ラスベガスでの日本育ちのリナレスと日本人の荒川とはわたしたちにとってはなんと豪華なことでしょう。

さて時計の針を一週間戻して、
続きを読む

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ