ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

タグ:ボクシング

クルーザー級のスーパーシリーズがすごい!ベスト4が出揃ったところ、全団体、全チャンピオン、全勝ときた。その中から今週末はWBOとWBCチャンピオン同士の準決勝がラトビアで行われる。

WBOのウシク(ユーシク)は特に注目中の注目。プロ戦績はまだ浅いものの、オリンピック金、アマ世界一、それもあのライトヘビーチャンピオンのべテルビエフを2度破っての栄冠。ちなみにベテルビエフはアマ時代にコバレフに勝利したことが話題となった。今やP4Pの座をロマチェンコ、クロフォード、GGGと争う4強に、多くの識者が推す。対するWBCブリーディスは元キックボクサーと聞くがプロ戦績もウシクの倍、KOも多い。大注目の戦いです。

所変えロスではダブルヘッダーが行われる、アグレッシブなスタイルと顔?から人気の衰えないマティセがタイの若きスーパースター、無敗キラムとWBA王座決定戦。ダニーガルシアとポストルに負けた2敗にもかかわらず、評価の落ちないマティセ、19ヶ月に及ぶブランクから満を持しての戦い。

ロマチェンコ、マイキーガルシアとのビッグマッチが噂される、我らがリナレスは、現在13連勝中ながら、未だに痛い2敗を引き合いに出されるのが悔しいですね。対するコーナーに立つのはフィリピンのサウスポー、フレディローチ門下のガスタ。スーパーマッチに向け絶対に落とせない。

リナレスのスタッツから一つ、対戦相手がオーソドックスに比べ、サウスポー相手だと手数がかなり少なくなる(オーソドックス63/ラウンド、サウスポー49/ラウンド)、ところが有効打は逆にサウスポーの場合のほうがかなり高くなる。サウスポーとの間合いがそうさせるのか、警戒心か、得意だからなのか、そんなところに注目するのも面白いかも知れませんね。

WS000047








今週は久しぶりのボクシング、ブルックに勝利し得たタイトルの初防衛に臨むはエロル・スペンスJr。シュガーレイやメイウエザーと比べられる、次期ボクシング界をしょって立つかも知れない、スーパースター候補はまだ、主役とはいえません。コアファンの域をなんとしても越えたいところ。対戦相手もタフネス、ラモン・ピーターソン。

ここを順当にクリアし、キース・サーマンやひとつ下のクロフォードといった、これまたスーパースター候補達と決し、誰が生き残るのことになるのか。

スタイリッシュなサウスポーは技術も去ることながら、ハードパンチャー、元2階級を制したピーターソンといかなるエンディングを期待できるのか、楽しみな一番です。

WS000047






左を制すものは世界を制す(サウスポーなら右)、その筆頭がジャブだ。最近ジャブの重要性が改めて注目されている、それはGGGゴロフキンなどジャブの多いP4Pの上位達。日本でも井上Chのジャブは強力だし、村田Chもジャブに磨きがかかる。

ジャブは相手の出方を探る、先手をとる、崩す、試合を作るといったオフェンスに限らず、機先を制す、相手のパンチの軌道を潰す、間合いを保つとディフェンス面でも使用範囲が限りなく広い。

そのディフェンスでは、相手のクロスカウンターを肘ではじくなど、ナックルパートだけでなく、肘から肩へと意識を広げていくことが、ステップアップになる。

具体的にクロスカウンターではこちらのジャブに対し相手が右をかぶせてくるとする、その際自分の肩でアゴを守りつつ、肘はカイナを返すように相手の右クロスの軌道を上方へずらしてしまう。

逆にこちらのジャブの内側に右を合わせようとしてくれば、左肩をより深く入れ半身強く、リーチを最大限に間合いを作り、距離で外す。

では練習はどうするかというと、肘打ちを意識していくことだ。肘打ちといっても肘そのものの打撃というよりは、ジャブやフックを打ちつつ、肘をかすめる。まずはシャドウから、サンドバッグやダブルのパンチングボールがあればそれらを利用して肘打ち、というか肘で弾く、叩く。コーナーポストや壁を利用してもよい、ただし強くやり過ぎるとケガをするので要注意。トレーナーにミットで肘を叩いてもらうのも良い。

肘、肩への意識、ディフェンスへの意識が高まると、それはやがてショルダーロールへと発展させていくことができる、ジェームス・トニーやフロイド・メイウエザーJrで有名な、日本でいうL字ブロックだ。

そしてそこに首振り、スリッピングアウェーが加われば、華麗なボクシングへと変わることだろう。

なお、ショルダーロールやスリッピングアウェーはひとつ間違えればハイリスク、あくまでもガードなどの基本が備わった上での話し。あのメイウエザーでさえ、スピードを失ったマクレガー戦では固いガードで戦っていたことをお忘れなく。基本が完璧での応用なのです。

WS000047

4階級、6タイトル、プエルトリコの英雄、ニューヨークの、いやアメリカでもスーパースター。戦う伝説。いよいよ16年に及ぶ輝かしいキャリア最後の戦い。相手は元オリンピアン、バルガスに敗れるまでは次のスター候補のひとりだったサダム・アリ。

コットの楽勝、コットの憂愁には相手不足、の声。いや、花道を飾るにふさわしい相手とも。

涙をこらえて、しっかり目を開いて、みんな!その目撃者となりましょう。

WS000047








左は世界を制す、ジャブはもちろんのこと、オーソドックスにとっての左フック(サウスポーの右フック)は攻守一体となった強力な武器です。

かつてミドル級の統一チャンピオン、伝説サウスポーのマーベラス・マービン・ハグラーはコンビネーションの最後は右フックで終えると、師は若きハグラーに課したそうだ。

そこで、異なるフックを身につけよう。

まず拳の甲の向き、水平に倒すと親指の向きから打つ間合いは近くならざるを得ず、肘の角度は90度が力学的にも理想でパンチの威力が増すと言われる。肘の位置は水平に高く保つことができるからアゴを守るディフェンスにもなり、どちらかと言うと前へ攻めのフックと言える。またその高い肘の位置から、相手の右ストレートに被せるカウンターにももってこい。

一方、拳の項が立ったフックは連打が打ちやすいし、距離も近いところから遠いところまで自在だ、フロイド・メイウエザーJrが多様するフック、前者の倒す場合に比べ相手の右ストレートに対しその内側からもカウンターをねじ込むことができる。やや破壊力を犠牲にすることになるが、ボクシングはあくまでタイミング。

さらに例外として、前者の拳の甲を水平から更に親指を下になるまで落とすようなフックもある。ロングフックに特化したもので、かつてシュガー・レイ・レナードが相手のボディ側面へ放っていたのを個人的には真似したものだ。クロスカウンターに用いる場合はやはり外側からがやりやすく、ロングで極まるとコークスクリュー気味になり、かつ相手のストレートを間合いで外すことも可能だ。

WS000047

続きを読む

アンドレウォードの突然の引退、王者去りし後のライトヘビーはそれでも面白い、戦国時代へ突入です。

長期王者のスーパーマン・スティーブンソン、ウォードに2連敗を喫して野に放たれた虎コバレフ。プロ戦績はまだ少なくも元アマのトップスターたち、ベテルビエフ、グウォジク、ビボル。

その中から全勝全KOのベテルビエフと独のエンリコ・コーリンがウォードへの挑戦権から変更の王者決定戦(IBF)に挑みます。下馬評は傾いていますが、コーリンもグッドレコード、楽しみです。

その他、今週はミドル、あのGGGをあと一歩まで追い詰めたミラクルマン・ジェイコブスが全勝のルイス・アリアスとの対戦もあります。

WS000047







翌日のランチ、馴染みのお寿司屋さんで大将とこれまたなじみのお客さんが激論を交わしていた、誰もが怒った。村田諒太選手、こんどこそのエンダム挑戦だ。

さて今週のピックはあえて、コラレスvマチャド。

コラレスはあのコラレス、内山選手に2連勝し引退へと導いた。当時最強の内山元Chに勝ったことで、大手プロモーション、大手ネットワークと契約。全米デビューとなった前防衛戦は驚きの大コケ。かろうじて守ったタイトルはテクニカルのマジョリティ、内容もダウンあり、ホールド、ヘッドバッド連発のダーティだったようだ。名誉挽回の、意味は違うがこちらも2度目の正直、背水の陣となる。

と迎える相手がプエルトリコのマチャド、これまでの対戦相手にビッグネームがいないのと、長いラウンド経験が少ないなど未知数ながら相当な強豪らしい。全勝、KOも多く体格にもまさる。

フェイントや角度多彩なコラレスと正統派パンチャーマチャド、サウスポー同士の注目の一戦。

WS000047

続きを読む

ジャブのときのつま先の向きは相手に向かうべきか、横向きになってしまってかまわないか。つまりオーソドックス構えの左ジャブの場合、左つま先は相手に向かわなければならないか、それとも右方向、左ジャブに対して右に90度近くなっても良いのか。

ジャブというのは最初、構え、フットワークの次に習うものだしで、あまり深く意識したことがあまりなかった。自分の答えとしては、人それぞれ骨格や体のクセがあるのだから、本人にとってやりやすいのが良いというのが、基本のスタンスだ。もちろん明らかに悪いクセやケガにつながるようなクセは出来る限り早く直したほうが良い。自分の経験からも遠い昔、右ストレートを修正するのに随分苦労したことがあったから。

さて、そのつま先の向き、力学的に考えるなら、ジャブと一致したほうが体重など力の伝達は良いだろう。偶然テレビで少年野球の指導風景、コーチが投げるときのつま先の向きを投げる方向にと指導していた。

ただしボクシングは半身構えということがある。半身のスケボーやスノボーの競技で考えると、スピードを競う場合はやはり、つま先が進行方向よりになるし。技を競う場合にはより横になる、エッジを利かせやすい。ボクシングのその違いもボードのものと似ている気がする。

半身なので、従って相手にまっすぐ向くということはない。より相手向きか、横向きにちかいかという程度の違いになる。ファイターならパンチ重視なので相手向きに近く、懐を深くディフェンス重視、あるいはモハメッドアリのようなフットワーク重視ならリーチが伸びる、後ろ足も含め横向きに近いかもしれない。厳密に言えば、前へのステップはより横、後ろへのステップはやや前向き。

それよりも大切なのは先ず、たとえ前の足であっても踵が浮かせること、前足は紙一枚分でかまわない。かかとさえ浮かせてあれば、回転を失うことはなく、次に放つ右ストレートなどへスムーズにつなぐことができる。2にジャブを当てるのとつま先の着地が一致すること、リズムが生まれ、地面からの抗力も得られる。そして、ヒザのケガ防止のためにも重量なのが、決してヒザがつま先より前に出ないこと。それらに注意するのが良いだろう。

WS000047

スーパーファイト到来。ファンが待ちに待った、最強GGGゴロフキンとメキシコのスーパースターカネロ・アルバレスがいよいよ実現。

ビッグネームとの対戦を熱望しながら、ことごととく。ついに待望のそして最高の相手とグローブを交える日がやってきました。破壊力に目がいきがちですが、実は高いディフェンス技術、そして何より、最近の怪物と呼ばれる井上尚弥やコバレフに共通の強いジャブを誇ります。またボディアタックもうまい。ジェイコブスとの前戦はたしかに危なかった、負けたかと思った。それが年齢による衰えと見る向きもありますが、最高のタイミングでのカネロ戦。

カネロもいよいよ機は熟しました、武器はやはり美しいコンビネーション、こちらも左ボディはメキシコ伝統。ただ、今回に向けてビルドアップは行き過ぎと心配の声があがっています。スタミナにクエスチョンマークが残るだけに、この筋肉増量、増強がどうなるのか。

KO必須。判定になるようなら、ひと悶着かもしれませんしね。

WS000047







今週のロスでボクシング・ビッグ・イベント、"SUPERFLY"が開催、名だたるスーパーフライ級のトップが一同に会します。

まずロマゴン、負けたかと思ったクアドラス戦に辛くも判定勝ち。勝ったと思ったら判定、初敗北の(こちらはクアドラスに負けたことのある)シーサケットとの再戦にリベンジを誓います。オッズはロマゴンにありますが、ここ2戦を見ているとやはり、このクラスでは体負け感があります。

そして井上尚哉チャンプは待望の米デビュー戦、相手はアメリカのニエベス。一つ上のクラスから下りてきて、待望の世界初挑戦に「ゴジラ退治?」と気合の入れようが伝わります。サイズとサイト(LA)にチャンピオンはくれぐれも気をつけてと思いますが、オッズは圧倒的に日本のモンスターに傾いています。

そしてロマゴンに勝ったと思ったクアドラスはエストラーダと。こちらもロマゴンを苦しめ、フライ級スーパー王者時代は井岡との統一戦の命が下ったものの実現せず。元チャンピオン同士の好対決はややエストラーダに傾いています。

WS000047









Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



このページのトップヘ