ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

マイキーガルシア

ガルシアvブローナー(ボクシングピープル

注目のカード、エイドリアン問題児ブローナー(AB)とマイキー・ガルシアが一つ下のクラスから上がっての大一番。

ガルシアはスーパースター街道まっしぐら、一とき、契約問題でリングから遠ざかっていたのは残念でしたが、まったく衰えは見られません。

元スーパースター候補ABはリング外でも騒がしく、それが仕事にも影響したのか2敗、ではあるものの実力者。崖っぷちから返り咲くには最高の相手です。ウエイトオーバーが相変わらず心配ですが、なんとか正々堂々とリングに立ってもらいたい。

勝者にはテレンス・クロフォード、なんて夢の話もあります。ひとつ下では我らがおなじみ絶好調ホルヘ・リナレスもいるし。

アンダーカードには、ミドル級に上がってきたスーパースター候補、GGGやカネロとの将来決戦が期待されるジャメール ・チャーロもあります。ミドルなら村田選手を忘れてはいけませんしね。

WS000047








フランプトンvサンタクルス、ザティーチニンvガルシア(ボクシングピープル

秒読み!フランプトンとサンタクルスのリマッチです。7月ブルックリンから場所をサンタクルスの巨大ファンベースのサポートするいわば地元西海岸、ラスベガス。

7月の試合は年間最高試合と推す人多く、きわどい判定を制したフランプトンは年間最優秀にも選出されました。カウンターパンチャーは今やアイルランド史上最高を目し、その名は世界に轟いてます。

日本のファンにはおなじみサンタクルス、エンドレスファイターは初の黒星、リベンジを誓い、その後は早くもトリロジーを視野に。

そしてマイキーガルシアの久々の登場。名トレーナーを兄に持ち、クラスの違うパッキャオまで挑発していた、契約問題だか何だかで遠ざかるスーパースター候補、影は薄くなりつつあるものの今だ無敗。チャンピオンのザティーチニン(Dejan Zlaticanin)も無敗のチャンピオン、こちらも期待。




WS000047

ボクシングピープル マイキーガルシア

今週末はマジソンスクエアーガーデンでマイキーガルシアの防衛戦があります、そのお相手はジュアン・カルロス・バルゴスで戦績もそこそこ(30-1-2, 20 KO)と感じますが、既にミスマッチとの声も。

マイキーは今WBOのスーパーフェザーですが、その後はライトで一、二戦挟んで更に体重を上げマニーパッキャオとのドリームマッチを年内に、などという噂があります。同じトップランク(TP)下のパックとのドリームマッチ、万が一今年で契約が切れるパックが更新せずTPを離れた場合を恐れて急いでいる裏があるようです。

ガルシア本人が昨年のブランドンリオス戦を見て、自分なら勝てる、と豪語していたのが元々のきっかけと思いますが、でもいくらなんでもそんな短期で、時期尚早、無理があるように思うのは私だけでしょうか。

続きを読む

年末はボクシングピープル

海外のボクシングはほとんど終了って感じですが、あとは国内。まぁここであえて書くこともなく、もう皆さんご存知のことでしょう。

恒例になりつつある大晦日、今年はスーパーフェザーの両王者、内山高志Chと三浦隆司Chがダブルでそれぞれの団体の防衛戦、三浦Chのほうの相手は相当な強打者だそうですが、2人防衛でいよいよ来年は統一戦か、そこへの序章になってくれるとファンにはうれしいですよね。

内山Chやバンタムの山中Chならもうラスベガスなど本場アメリカでも十分いけると思うんですよね、みなさん異論いと思います、2人とも超一流の域にいます。スーパーフェザーのほうは、やはりガンボア。

続きを読む

ボクシングピープル8月号

ボクシング界もメイは残り5戦と発言しているし、パックは衝撃的な敗戦。セルヒオマルチネスは戦うつどに怪我。ドネアも躓いて、いよいよスーパースターも高齢化?世代交代が囁かれるところです。時代は新たなスターを作ってくれます、個人的に注目のボクサーを私的に勝手に4人ほど推薦したいと思います。

ゲンナジーブロフキン、ロシアや東欧、その地域には突如とてつもない化け物が出現します、過去にはユーリやコスターヤズー。今はカザフスタンの通称”GGG”、ロッキー4のドラゴばりのマシーン。今マルチネスがやったら危険度最高でしょう。

ルーカスマティセ、そのマルチネスやマイダナなどを排出したアルゼンチンから新たなスターの可能性です。パックの後継者とまで呼ばれるから見ないてはありません。

マイキーガルシア、ボクシング界のサラブレッドにとどまらず、インテリだそうです。最高峰の戦い最後は頭の勝負かもしれません。

エイドリアンブローナー、言わずと知れたメイの完全コピーと評されていましたが、ここへきて、ややクエスチョンマークが。いきなり2階級上げたのはさすがにどうだったのでしょう。特にディフェンス面でショルダーロールが似ている以外はメイとギャップが、特にベタ足はどうなんでしょう、メイも指摘しています。

他にもすでに実力者のアンドレウォードとかリゴンドーの実力者もいますし、個人的に好みのガンボアもいいですね。

日本では内山Ch、山中Ch、井岡Ch、他チャンピオン達、そこにモンスターやゴールドメダリスト。

Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ