ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

合気

力抜きと崩しは分けて

力抜きと崩し、それぞれの技術は分けて考えたほうが色々とわかってくることが多くあります。

ひとつとして考えてしまうと、一方がマルでも他方がバツだったときに、全否定してしまうことに。せっかく出来ていた片方を捨ててしまってはなんとももったいない。

力抜きがうまくいっていても、技を極めることができずダメだし。

だとか、

崩しの考えかたはあっているのに、これじゃぁ力の強いものには通用しないと、白紙に戻す。

力抜きの理を証明してからおよそ1年、技への応用はどうしたものかと、何をしていいやらの状態がずっと続いていました。

力抜きと崩しは別と繰り返し自分で言っておきながら、このありさま。

ようやくここへ来て、技とか、崩しは横へおいておいて、力抜きのいろいろなバリエーションを稽古してみると、今まで見えなかったものが次々とそこに現れてきます。

前方、視界良好!

瓢漂会

手の内のケンカ

5本の指で掴む、握るという行為では、わざわざ自分の手を見なくても、親指と残り4本が対となるのは良くわかる。親指がなければ、そもそも掴むことはできなくなってしまいます。

では対になる4本は?

最近知ったのことですが、4本指の中で掴む、握るには、特に中指、薬指が主役となるそうです。

数ヶ月前に左手の中指付け根を傷めて、最近だいぶ回復しつつあるのですが、まだ痛みは残ります。

そんな中指にとても苦痛な稽古があります。

上げ手の稽古です。

相手の上げる手を押えようとすると、痛めた中指に負荷がかかり、とても痛く、押えるどころじゃありません。

ところが上手な人の上げ手では痛みを感じないからとても不思議に思いました。

それでよくよく観察すると、力で上げようとしている手をしっかりと掴んで押えようとすると、親指と(中、薬)指を観察者により異なりますが支点、力点、作用点のうち2点に利用した強いテコがかかります。瓶ビールを栓抜きで開けるような感じです。

つまり逆に考えれば、通常の力で上げようとした場合、その手の内にかかるテコがかかるゆえに抵抗できるようです。つまりそのテコより握りが強ければ抑えられるし、弱ければ上げられてしまう、または手解きになって切れてしまいます。

実に面白い、私の力抜き原理の証明と照らし合わせても、ナルホド、たいへんに興味深い考察になります。

瓢漂会

そこんとこ

出来るかぎり具体的であって、言葉で説明して伝えるようにしていますが、どうしたって自分で会得しなければならないところは残ります。

例えば、いかに力を抜くことの何が良いのか、言葉で説明し、数学式を見せ、絵に物理を描いて。頭で理解しても体はその通りに動かすことができません。

実際に力を抜いてうまくいったことを積み重ねていくうちにようやく、頭に追いついてきます。体で覚える。

合気上げ、物理的な証明は示しましたし、それがわかって感動さえします。ところがやるとなると壁に当るかもしれない。そういった時に、体で覚える過程がどうしても必要なようです。

幸い手の内のこと、掌は最も敏感な感覚器のひとつです。押えたときに手の平を研ぎ澄まさせて感じ取らなければなりません。

どうしたって時間はかかるのです、数多く掴むしかありません。私も只管、繰り返し、繰り返し、同じことを感じ取ってやっとその仕組みがわかりました。

感覚鋭く、アンテナは常に立てておきましょう。

瓢漂会

稽古近況

去年、やっと証明までこぎ着けた合気は手の内のもので、つかまれた時にその絶大な威力を発揮します。

言い換えれば、しっかり握られない場合はどうしようもなく、それこそ、それがどういうことなのか想像もつかないのですが、「くっつける」ことでも出来ない限りまさに、

「お手上げ」

なのです。

それでは着物をつかまれたらどうするか、とまだまだ考えないといけないことはたくさんあります。

それと同時に、掴んでくれない場合や、こちらから攻めていく場合のことも考えていかなければなりません。

そこで、手がかりになるのは、これまでずっと書いてきた、崩しです。

キーワードは第二種テコだったり、自立、胸郭、並進運動、自由度といったことなのです。これも極めて奥が深い、まだまだ遠い道のりを感じる今日この頃なのです。

瓢漂会

小手への集中力なら

2013年5月の「小手への集中力とは」という投稿があります、アクセスが多いので久しぶりに自分で読み返してみると、驚きました!

これは小手合気を間接証明を終えた時よりもずっと前のことです、すばらしいことを書いていたではありませんか!

原理そのもがまだハッキリとわかっていないにも関わらず、すでにこの時、そのやり方が経験的、実験的、感覚的にここまで煮詰まっていたとは。それは証明後の今のものとほとんど変わりがありません!

裏を返せば、この時ここまで進んでいながら、その理由がはっきりとわかるまでに長くかかり過ぎてしまった、ということでしょう。

原理は証明した通りですが、そのやり方をもう少し具体的に当時の文章に補足するのなら、

当時の通り、小手への集中力は上げるための力ではありません。手首に近い小手を捕られる上げ手のような場合、小手に力を集約するには、やはり朝顔の手が有効です。力感を求めるまったく必要はなく、肩の力を抜いてノビノビと朝顔を開くようにすれば、小手には十分に力が集中しています。あとはそれを保ったまま上げるだけです、動作の動き出し前後、つまり準備(掛けるところ)と上げ始めにはコツが少々いりますが工夫してみてください。

他に注意するのは当時と同じで、肩や肘、腹筋、背筋、脚、どんな力であってもそれを使って相手の手を上げようとしてしまっては、相手にとってぶつけ返す的をくれてやるようなものです。相手を持ち上げようとせず、肩の力を抜いてゆっくり自分の手を上げてゆくのが、これも、もう一つのコツになります。

瓢漂会



「くっつける」という呪縛

さて、私は合気を証明したのだろうか。

ともかく、今の時点でそれを否定するような矛盾はまだみつからない。といっても矛盾を探すという、その弱い心が狭い。信じたのなら、信じ切って突き進むべきなのだ、進んだうえでなにか、もし何かがおかしければ、それは、違和感となって必ず何か語りかけてくれるはずだ。問題はその違和感を受け入れる、受け止める、真正面から向かい合う、「うつわ」が私にあるかどうかだ。恋は盲目、人が自分の考えに恋するがあまり、何でも良いほうに解釈してしまいがちだが、行過ぎるとストーカーだ。

今、誓おう、もし違和感が現れたときには、決して目を背けないことを。そしてその違和感が確信となったなら受け入れよう、すべてが間違っていたと、そしてまた、まったくのゼロから再スタートをすることを。

何より、これまでずっとそうであった。というより、これまで間違いを認めることで、私は成長してきたのだ、失敗を最高の師としてきたから、ここまでこれたのだ。

思い返せば、これまでの失敗には最高の師達にまぎれて、いくつか、まったく無駄な失敗もあった。少なくとも今の私はそういった無駄な回り道を避けるコツを提案することができる、それは、おおむね次のようなものがある。

まず、稽古で捕り、受けをはっきり役割分担することだ。圧倒的に有利なのは受けなのだ。なぜなら今からどの技を繰り出すか事前に知られている、後方に倒す技なら、受けは捕りがどうするかを事前に知っている。小手返しなら、受けは捕りが自分の小手を極めにくることを知っている。わざと倒れろ、それは稽古だからと効いていない技に倒れてあげる必要はまったくない。しかし、相手の手の内を知っているからといって、その裏をかく必要はまったくない。正々堂々と稽古の範囲で抵抗しようではないか。捕りの後ろへの技に受けが前方に傾き体重を浴びせるような行為は、受けの未熟さを示しているだけなのだ。捕りが何でもありなら、ちょっとかわしてやれば受けは崩され虚となる。かといってそれを捕りがやってしまっては、そもそも技の稽古にならない。小手返しされないために、ゲンコツに固く握りしめてしまっていては、それは小手返しではあり得ない。

負けず嫌い大いに結構、圧倒的な有利な条件下でやられまいとするのではなく、、倒されたら倒し返せばいいじゃないか、そこに努力を注ぐんだ。それであれば条件は同じだし、進歩する方向に向いているのだから。

次に、合気を、いや、今の段階では私が証明した、私が合気と信じるものをほかの誰かが見つけうるには、やはり座りの上げ手がもっとも可能性が高い、そこで、そこに至るもっとも可能性のあるルールをここで示してしまおう。ちょっとした対戦ゲーム感覚で。

  1. 捕りは受けが小手をしっかり握った状態から、自分の手(相手の手ではないことに注意)を相手のアゴの高さまで手をまっすぐ上げる、受けはそれを握った手で押えて阻止する、何のことはない、ただそれだけだ。
  2. 捕りの手が受けのアゴ付近に到達すれば捕りの勝ち、もし途中で止められれば受けの勝ちとする。
  3. そしてその間、たとえ相手の手が解けようが、切れようがは評価しないこと。あくまでも捕りが“自分の”手を上げることができればよし、受けの押えが途中で切れようが、解けようがまったく関係なく捕りの勝利。
  4. 捕りも受けを倒す必要はないが、受けが捕りの手をとり倒してしまうような行為は論外、受けは自分のアゴ付近まで進んでくる相手の手を握り押さえ込み阻止するに徹する。

天才でもない限り、集団の力は個の力を凌駕するのです。捕りの稽古になる上げ手をしてみて下さい。出る杭を打とうとするのは哀しいかな、日本人の好まざる「狭〜い」習性なのです。せっかくの仲間のはずなのに。

瓢漂会

テコから合気へ、その十三

今回は圧力について考えてみましょう、めずらしく。面圧、面積です。

面か点か、包丁、キリ、などの道具は刃先の面積が小さいことで力が集中できスパッと切れます、ささります。切れない包丁は刃先がでこぼこだったりもありますが、刃幅の面積が大きくなること。キリだってもし先がとがっていなかったらと考えればあきらかでしょう。

いっぽう最近は有料にもなりつつあるレジ袋、重い買い物を入れて、持ち手のところを握って細くしてしまうと、線が手に食い込んで痛いし、重さを感じます。本来、渡されたときは持ち手にはそれなりに幅があって、上手に広げたまま手にかけると力が面積に分散されて、痛み少なく、軽く感じます。

これを上げ手で考えたらどうなるでしょう、相手の力は手の内、接触面大きくとって分散させ小力化、上げるのは点で効率良く集中力。どうでしょう、果たしてそんなこと出来るのでしょうか?

瓢漂会

腕解き上げ手

手の内による上げ手、だいぶ掘り下げてかなり上達しています。力はどんどん要らなくなりましたし、いろいろ無茶な押え方をしてくれるおかげで、気づくことも多いところです。

さて、そんな中不思議なことが、メンバーの一人が、私の言うところの手の内とはちょっと違うのですが、するすると腕解きのように手を上げていってしまうのです。

それはテコを利かして外すという従来の腕解きとはちょっと異なっていて、スルスルと手が上がっていきます。まったく嫌な感じは受けず、むしろ、どうにも押えることができなくて不思議で少し笑ってしまうくらいです。胸の高さに達するまでには押え手は外されてしまいす、こちらは浮かされるとか崩されるといった感じは残念ながら受けません。

それに本人がそれを意識しだすと、途端、ぶつかり始めます。意識するあまり、どこかに力が入るからなのでしょうか。

なんかそこにヒントがあるような気がします、数週間考えていました。

まあ、考えてばかりではどうにもならない、では真似してみようとやってみました。それは私の手の内を使って相手をある程度ばかり無力化しておいての真似です。

で、それが。

いいじゃぁないですか!

これは?

いったいどういうことでしょう?

瓢漂会

続きを読む

1000

1000投稿目です。

よく続いてます、我ながらたいしたもんだと思います。

せっかくの節目、何か記しておきましょうか。

ボクシング、合気武術、あとブログでは書いてませんが、もうひとつのライフワーク、挑戦中。

それらをやってきて気づいた、共通のテーマ、があります。

それは「学びの学び」。

いかに進歩していくか、それはどんな分野にも共通する普遍なものな気がします。

やはりボクシングは早くに始めたし、それまでまったく未知な世界、健康維持、トレーニングといった気軽な動機だったのもよかったのでしょう。スポンジのように技術を吸収していくことが出来ました。それでもやはり初スパーリングは大きな挫折となります、ぎりぎり挫けず、そこからは形振りかまわず、貪欲に。気づいたらびっくりするようなことが、いつのまにか出来ていた、といった感じです。

あるとき、サウスポーでやってみると、これがまったく上手く行きません、いつもの構えでこれだけ出来るのだから、ちょっとやればすぐこなせるかと甘く考えてました、普段の構えがとても良いお手本なんだし。それが何年やっても。結局はオーソドックスで上達してきた過程をすべてやり直さなければだめなのだろうな、と気づきました。近道なんてなかったのです。

合気武術は更に苦労、挫折の連続です。ちゃんと習うのですが、ボクシングの経験が良い面、悪い面、大きな影響を及ぼします。ボクシングいわば実戦にもっとも近い世界から来たものにとってはあまりに違う世界、どうしても経験が疑問を投げかけてきます。基礎を学んだ後いまでは独学ということになり、独学であれば先頭を歩かざるを得ないので、何度でも道を違えて戻ることを繰り返します。

最後のひとつの挑戦は独立した、ボクシング-合気武術のような他と関係もない、まったく未知な世界、ボクシングを始めたころのようではありますが、大きな違いは指導を受けることができませんでした。合気武術も少なくとも基礎を学ぶことができましたが、最初からまったくの独学。試行錯誤、失敗の連続。

これらの経験、運よく3つとも続いているのですが、それらから学んだことは次のようなものです。

  • 当たり前のようですが、地道に続けていること。あきらめない、とも言われます

  • 上達はちょっとずつ少しずつ、あるとき突然デジタルに一段飛ばしなんてあり得ません。時間は味方になってくれます

  • 失敗は最大の学び場、目をそむけたい心をぐっとこらえ向き合うこと

  • 答を簡単にださない、結論をだすことは思考を止める事、その他の可能性を奪ってしまう。白黒つけずグレーゾーンにいる

  • 謙虚に。新しいことを開拓、別の意見を最後まで聞く。どんなときも学ぶ心があれば、何がきっかけになるかわかりません、まったく関係のないことがヒントになることがあります。反面教師だって学びを進めてくれます

  • 今に集中する、わからない将来を予想して何になるのでしょう

  • メンタル、瞑想や気分転換、リセットする時間を持つこと

ボクシングに加え、合気武術、そして残りひとつ、ようやく軌道に乗ってきた感じです。どれも、グレーゾーンの中でもっともっと上達したいです。

時間は進んでいきます、何かに囚われ心を止めたり、心を先に向ける代償は今を失うことです、時が進むように歩みましょう。

WS000047

瓢漂会






王道上げ手

合気の秘密を解き明かすには、座りの両手で行う上げ手を研究することだそうだ。

ここで、道から外れないためには、と考えて整理してみました。瓢漂会でのはなしですけれど。

受けと捕りをはっきりさせておくことが大切です、押える受けが上げる捕りの邪魔をしたり、倒しにいってしまっては見えるものも見えなくなるでしょう。しっかり役割分担して学習効果を早めます。

両手でおこなうこと、親指と残り4本の指でしっかりつかむ(握る)、この辺は物理的に考えても、安定が得られるし、それに受けの自由度も下がるので、よけいなことを省いて集中できます。これらは直感的にもそうではないでしょうか。強いて例えてみましょう、自転車に初めて乗ろうとしたとき、いきなり手放し運転から挑戦したりしません、しっかり両手でハンドルつかんで安定させるのも、当たり前のようですが秘訣のひとつです。

力いっぱい、まっすぐ上から押えるのも大事。なにせ研究するのは相手の力を抜くことなのですから、そっと押えていては、軽く乗せる程度のものでは、はたまた押えないなんて。はなっから、ない力を抜くことはできないではありませんか。

いかに手を上げるかに集中すること、相手を転がす必要はありません。これも同じで研究すべきは相手の力をいかにして無力化することです。遊びで崩してしまうことは楽しいですけれど、それが目的になってしまってはなりません。

そして最後に、ゆっくりと行うこと。どのような技術、技芸でも最初はゆっくりと始めて、徐々に要領を得てスムーズになっていきます。サッとやってしまう、というのは武術的には良いけれど、それはそこを目指していくのであって、サッとやればできるけど、ゆっくりだと出来ないなんていうのでは、それは技術と呼べないでしょう。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム

見学、体験稽古、入会のお問い合わせ。 瓢漂会へのご質問、メッセージはこちらから。

名前
メール
本文
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ