ファイト武録

月下
聖杯伝説 宝物み〜つけた! Since 2005
モバイル http://fight.m.blog.jp/

瓢漂会

すごい偶然

小手の力の抜き方がわかると、新たな問題に直面することになる。崩しだ。力抜きと崩しは独立して考えないとならないということが、目の前に突きつけられる。最終的には統一されるのかもしれないけれど。

力抜きは、もちろん続け稽古していくのですが、ここのところ崩しについて色々工夫を重ねている、時間をかけている。そこで役に立つのはこれまで長年蓄積してきた物理であり、骨格について。具体的には物理は、並進、回転、変形運動に第2種テコ。骨格なら胸郭や自由度、股関節の角度。見直すことはたくさんある。いや勇気がいるけれど、いったんすべて捨ててしまって白紙からやり直そう。

瓢漂会

続きを読む

親指の秘密

人は親指がなければ物をつかむことができない。親指だけが他の指と向き合う、孤高の親指。従って親指で力抜きをするのはもっともやりやすいから入り口となる。

では親指の力抜きとはどういうことだろう。

積極的に親指を狙って無力化する。

徹底的に親指を避けて出力を許さない。

どちらもありではあるのだが。

前回の型にしたやり方、実は親指の力を意図的に使いづらくする、つまり前者にあたる。そしてこちらが正解であろう。注意しなければならないのは、意識して親指を狙うと難しくなる。あくまでも手順に忠実に従うこと。

一方後者の場合、その手の上がってゆく軌道はどうなるかわからない、相手の押さえ方次第なところがある。肩の力を抜き、肘は相手に抵抗することなく自由に動かないとならない。実はこれは厳密には親指を無力化するわけではないので、相手の手の内の他の接触面のどこかに掛ける必要がある。手の内のほかのところに掛けつつ親指の追随を許さない。

瓢漂会

続きを読む

まったく相容れない2つを結びつけるアイデア

こと上げ手について言えば、力は障害になる。力を使うから受けはその力に抵抗し当て返すことができる。いくら理屈がわかっても、技術と力がまったくリンクしない上げ手では力は邪魔以外の何者でもない、言い換えるなら、肩の力を抜けばできるものでも決してない。

500円玉に囲まれた10円は小さく、一円玉に囲まれた10円玉は大きく見える、感じる。ところがその10円玉の直径を人差し指と親指で示すよう指示されると、ピッタリ一致するそうだ。意識はだまされても無意識は知っているからスゴイ。逆に言うと、いささか厄介になる、意識で新しく知ったことが無意識の長年の経験で自動化されてしまったことを変えるのはとても難しい。

上げ手の仕組みはわかった、そこに力は要らないと知識を説得済みでも、力を使うことしか知らない無意識は問う、

「じゃぁどうしろって言うんだ?」

どうしたものか、長いこと考えた、そして閃いた。

技術を使いながら、力で上げ手も、その技術が生かされれば。要するに型にしてしまえば良いではないか。いくつかあるやり方の中から一つピッタリのものがあった。

まず上げ手の過程を2つに分ける、そして第1段階では力を使うことなくできる範囲で、上げる時もっとも強い腕橈骨筋が働きやすいように手の向きと角度を作る。これで力は半分抜けてくれる。そして第2にその腕橈骨筋を使って上げる。

具体的に、

瓢漂会

続きを読む

基底面は小さく

崩しのその要素のひとつに基底面の端に重心線をもっていく、というのがあります。これには一つの問題点があります、人の無意識はバランスを感知していて、重心線が基底面を外れると足を出して基底面を変えることにより、安定を取り戻すからです。

そこで、その出る足をおさえ、払い、かけ、投げるのは有効になります。

瓢漂会では考え方が違っていて、重心線を基底面の隅に追いやることはしません、むしろ足には居ついていて欲しいのです。

ではどういうふうしたいか、というと、基底面を小さくする工夫です。たとえば片足で立っていれば、片足の面積分です。

そして、

そうです、つま先立ちにすることができれば、これも基底面は小さくなるのでした。

瓢漂会

上げるが先か、掛けるが先か

「掛かるから上がるのか」、「上がったから掛かったのか」。

最初のころ繰り返し自分に問うた問いかけだ、きっと同じ疑問を持つ人もいるはずです。

今、振り返るとこれは明白ですが、ここへ至るまでは、何度も何度も考えました。

冷静に考えれば、後者が正だとすると矛盾が生じる、手が上がった状態で無力化されたとするならば、手を上げていく過程では力を使っていてもかまわないことになってしまうからだ。「力はまったくいらない」と矛盾する。

このことからも前者が正解となる。相手が抵抗できない状態にされてしまっているから、手はいとも簡単に上がるのです。つまり上がるが良しとするのではなく、上げる前とその過程が問題だ。

なぜここに上げる過程も入れたかというと、上げる過程で掛け直すことをしょっちゅうやっているからです。

なかなかどうして、上げる前に完全無力化というのは難しいことです。初期の抵抗をなくしたとしても、ちょっと上げると次の抵抗点があったりする。サッとやってしまうのもありだが、この場合それを失敗とせず、その抵抗点でもう一度掛ければ良いし、そしてまた次の抵抗点で、といった具合に。細かくかける、繰り返しかける。

それらが切れ目なくつなげるのが、動的にかけるということになる。

それに対し、難しい完全無力化の場合は、いわば静的にかけて、あとは上げるだけとなり、上手くいくと、やはりこちらのほうが気持ちいいものです。

では、手が上がったことの意味は、動的上げ手では無力化も完了し、浮いた状態。

静的上げてでは、単に浮かされた状態、と言って良い。

物事に絶対は難しいのだから、両方できないとならないし、動的から始めて静的を目指すのが良い。

力抜きと崩しは分けて

力抜きと崩し、それぞれの技術は分けて考えたほうが色々とわかってくることが多くあります。

ひとつとして考えてしまうと、一方がマルでも他方がバツだったときに、全否定してしまうことに。せっかく出来ていた片方を捨ててしまってはなんとももったいない。

力抜きがうまくいっていても、技を極めることができずダメだし。

だとか、

崩しの考えかたはあっているのに、これじゃぁ力の強いものには通用しないと、白紙に戻す。

力抜きの理を証明してからおよそ1年、技への応用はどうしたものかと、何をしていいやらの状態がずっと続いていました。

力抜きと崩しは別と繰り返し自分で言っておきながら、このありさま。

ようやくここへ来て、技とか、崩しは横へおいておいて、力抜きのいろいろなバリエーションを稽古してみると、今まで見えなかったものが次々とそこに現れてきます。

前方、視界良好!

瓢漂会

手の内のケンカ

5本の指で掴む、握るという行為では、わざわざ自分の手を見なくても、親指と残り4本が対となるのは良くわかる。親指がなければ、そもそも掴むことはできなくなってしまいます。

では対になる4本は?

最近知ったのことですが、4本指の中で掴む、握るには、特に中指、薬指が主役となるそうです。

数ヶ月前に左手の中指付け根を傷めて、最近だいぶ回復しつつあるのですが、まだ痛みは残ります。

そんな中指にとても苦痛な稽古があります。

上げ手の稽古です。

相手の上げる手を押えようとすると、痛めた中指に負荷がかかり、とても痛く、押えるどころじゃありません。

ところが上手な人の上げ手では痛みを感じないからとても不思議に思いました。

それでよくよく観察すると、力で上げようとしている手をしっかりと掴んで押えようとすると、親指と(中、薬)指を観察者により異なりますが支点、力点、作用点のうち2点に利用した強いテコがかかります。瓶ビールを栓抜きで開けるような感じです。

つまり逆に考えれば、通常の力で上げようとした場合、その手の内にかかるテコがかかるゆえに抵抗できるようです。つまりそのテコより握りが強ければ抑えられるし、弱ければ上げられてしまう、または手解きになって切れてしまいます。

実に面白い、私の力抜き原理の証明と照らし合わせても、ナルホド、たいへんに興味深い考察になります。

瓢漂会

そこんとこ

出来るかぎり具体的であって、言葉で説明して伝えるようにしていますが、どうしたって自分で会得しなければならないところは残ります。

例えば、いかに力を抜くことの何が良いのか、言葉で説明し、数学式を見せ、絵に物理を描いて。頭で理解しても体はその通りに動かすことができません。

実際に力を抜いてうまくいったことを積み重ねていくうちにようやく、頭に追いついてきます。体で覚える。

合気上げ、物理的な証明は示しましたし、それがわかって感動さえします。ところがやるとなると壁に当るかもしれない。そういった時に、体で覚える過程がどうしても必要なようです。

幸い手の内のこと、掌は最も敏感な感覚器のひとつです。押えたときに手の平を研ぎ澄まさせて感じ取らなければなりません。

どうしたって時間はかかるのです、数多く掴むしかありません。私も只管、繰り返し、繰り返し、同じことを感じ取ってやっとその仕組みがわかりました。

感覚鋭く、アンテナは常に立てておきましょう。

瓢漂会

稽古近況

去年、やっと証明までこぎ着けた合気は手の内のもので、つかまれた時にその絶大な威力を発揮します。

言い換えれば、しっかり握られない場合はどうしようもなく、それこそ、それがどういうことなのか想像もつかないのですが、「くっつける」ことでも出来ない限りまさに、

「お手上げ」

なのです。

それでは着物をつかまれたらどうするか、とまだまだ考えないといけないことはたくさんあります。

それと同時に、掴んでくれない場合や、こちらから攻めていく場合のことも考えていかなければなりません。

そこで、手がかりになるのは、これまでずっと書いてきた、崩しです。

キーワードは第二種テコだったり、自立、胸郭、並進運動、自由度といったことなのです。これも極めて奥が深い、まだまだ遠い道のりを感じる今日この頃なのです。

瓢漂会

毛糸の手袋

少し暖かくなってきました、冬場をしのいできた革の手袋をしまい、毛糸の手袋に今朝から替えました。

カバンの中にはいつも本が数冊持ち歩いている私、見た目は悪く、ふくらんでしまいます。重さもけっこうなものです。

素手や、皮手袋のときにはあまり気にならなかったけれど、毛糸だと手の中からその重さが滑り落ちそうになります。持ちにくくてしょうがありません。つくづく、つかむ、持つという行為は手の内のすべりに関係するのだなと思います。

手のひらや、足の裏の皮膚は、他の皮膚とは異なり、あまりずれないようになっているのだそうです。たしかに言われてみれば、やってみればわかります。良く出来てます。

瓢漂会


Hit lionhundred


more on Hit lionhundred



タグ絞り込み検索
瓢漂会お問合せフォーム
瓢漂会お知らせ

2017年
練習生を募集しています
大泉学園、朝霞、練馬
毎土曜

キャンペーン!
入会者紹介で
5千円キャッシュバック


よくあるご質問

New!
稽古動画はサイドバーから

瓢漂会公認ブログ
合気メデス 修行日誌
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

瓢漂会動画
プロフィール
メールする
お問い合わせフォーム
アーカイブ
最新コメント
バイン lionhundred
WS000082

フォトギャラリー
Follow Me on Pinterest
純ジャパニーズの迷わない英語勉強法

勝負論 ウメハラの流儀 (小学館新書)

直撃 本田圭佑 (Sports Graphic Number)

私は女優

スタンフォード大学 マインドフルネス教室

EAT&RUN

訣別 ゴールドマン・サックス

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話 (Sports Graphic Number Books)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”

禅とオートバイ修理技術〈下〉 (ハヤカワ文庫NF)

マンデイ・モーニング

サムライスタイル プラスター クレイズ

一夢庵風流記 (集英社文庫)

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー 671)

幕末 維新の暗号(上) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

5つの謎からわかる宇宙: ダークマターから超対称性理論まで (平凡社新書)

落日燃ゆ (新潮文庫)



学生との対話

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く

勝者もなく、敗者もなく (幻冬舎文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

人間失格 (集英社文庫)

日本語ぽこりぽこり

あんぽん 孫正義伝

柔らかな犀の角―山崎努の読書日記

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

OPEN―アンドレ・アガシの自叙伝

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

采配

人生の科学: 「無意識」があなたの一生を決める

神は数学者か?: 万能な数学について

量子力学の哲学――非実在性・非局所性・粒子と波の二重性 (講談社現代新書)

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち

ホーキング、宇宙と人間を語る

科学哲学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

”もっと見る”









ブログランキング
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード

このページのトップヘ